木曽義仲


平家物語では、木曽義仲は死ぬ時は一緒と約束していた瀬田川を守る今井兼平のもとに向かい、大津の打出浜で再会し、兼平は義仲の討死後、口中に太刀先を含み馬から飛び降りて自害したとされ、兼平の墓が大津に今井家末裔の方々により建てられ、もとは膳所藩主

コメント

タイトルとURLをコピーしました