もとどり


コメント

  1. 古代中国の完みたいなもんで、もとどりを落とされるのは充分な刑罰なんやな 『まんが日本の歴史』で尊氏も何か決心した時に自ら落としてたような…

    2022-04-01 22:30:06
  2. 髻(もとどり)が切られるのは大変な恥辱なんですが、これはあくまで貴族社会の風習でした。ただ武士は貴族に憧れていましたので理由をよく知らないながらも髻を見せないようにしていました。烏帽子も脱ぎません。兜を着けるときもかぶっています。家族の前以外では基本脱ぎません。 #鎌倉殿の13人

    2022-04-02 04:40:04
  3. もとどり chishiki-log.work/%e3%82%82%e3%8…

    2022-04-02 10:40:07
  4. 梶原殿、汚れ仕事なんでもする もとどりも切る オーベルシュタインが葬儀仕切ってたのと同じ

    2022-04-02 16:50:09
  5. もとどりを切られたりくのお兄さんの嘆きよう、人前でパンツを脱がされるのと同じくらいの屈辱と理解したらあまりにも憐れで真に迫ってたな…(号泣)

    2022-04-02 23:00:04

  6. 2022-04-03 05:10:05
  7. もとどりとは、髷のことか… 誇りなのね… #鎌倉殿の13人

    2022-04-03 11:10:06
  8. もとどり切るのも説明ないとわからないと思うのよね

    2022-04-03 17:10:10
  9. 三男「この当時もとどりを切られるのは人前で全裸にされるくらい恥ずかしいことだったんだって」 長男「全裸そんなに恥ずかしいかァ?」 次男「男しかいないなら別にだよな」 三男「長男はともかく次男この隠れ裸族がよぉ〜」(暑い時とか母ちゃんや妹たちがいないとわりとパンイチで過ごしがち)

    2022-04-03 23:20:06
  10. もとどり切りって結構重罪なんだな #鎌倉殿の

    2022-04-04 05:30:05
  11. 鎌倉殿視聴。 都人の文化と鎌倉武士の荒っぽさ、鎌倉の女の強さが出ていて面白かった。 牧兄、この時代は烏帽子を取られるだけでも恥なのにあんな風にもとどりを切られるのはねぇ…命を取ったり怪我こそさせないもののかなりの辱めですよ…そういう雰囲気を理解できる演出も良かったな。

    2022-04-04 11:40:05
  12. もとどりを切るて何か意味あるの??#鎌倉殿の13人

    2022-04-04 17:50:06
  13. うわなり討ち、もとどり切り #鎌倉殿の13人

    2022-04-05 00:00:10
  14. かげときさんがまきさんのもとどり切る時マジで動きが美しすぎてありがとうございます

    2022-04-05 06:10:06
  15. りくの兄 牧 宗親の 後妻打ち(うわなりうち)が 盛大に行われてる時の やりすぎやぁ~~~??? って崩れ落ちてるの気の毒だし 髻(もとどり)を落とされる時の様子は、凄い怖かった??? 千鶴丸を善児が殺めた時のように…背筋が凍った? 鎌倉殿の13人

    2022-04-05 12:10:14
  16. #鎌倉殿の13人 #12 もとどり【髻】 「本取」の意。 《髻[ケイ](もとどり)》と《結[ケツ](ゆわえる)》は共通部品「吉」をふくむ。

    2022-04-05 18:20:05
  17. ①もとどり chishiki-log.work/%e2%91%a0%e3%8…

    2022-04-06 00:30:06
  18. 返信先:@nhk_kamakura13当時の人たちにとってはもとどり、いわゆる髷が どれだけ大事かという事を体感できました 牧宗親 かわいそうに

    2022-04-06 06:40:06
  19. うわなりうちともとどりぎり。(後妻打ちと髻切り) 今日の大河での収穫? #鎌倉殿の13人

    2022-04-06 12:50:06
  20. 鎌倉殿の13人(12)「亀の前事件」

    2022-04-07 01:30:06
  21. あと「髻(もとどり)を切る」は、本来は自発的な出家を意味するのだけど 他人に切られて云々みたいな刑罰の記録とかあるんでしたっけ まったく思い当たる節がなくて……無知なだけかもしれないけど

    2022-04-07 19:30:11
  22. この当時、髻(もとどり)切り落とす行為は、最悪の侮辱する行為なんだよね。牧宗親があそこまで泣くのは、当然の事なんだよね。 「平家悪行の始め」の殿下乗合事件でも平家側が摂関家の従者の髻切り落としてた。 #鎌倉殿の13人 #平家物語

    2022-04-08 07:30:05
  23. 返信先:@w80099448髻(もとどり)を切られるのは烏帽子をつけられなくなるので社会的な体面がなくなると侮辱する事になるとか(出家の意味も) ただ人の髻を切る方が罪が重いので九郎義経が驚いた顔をしたのかなと

    2022-04-08 13:30:08
  24. もとどりを切る…

    2022-04-09 01:30:12
  25. 今週もおもしろかった 比企の3人が登場したのが嬉しかった あと、もとどりについて考えてた

    2022-04-09 09:30:08
  26. うわなり打ち、もとどり切り 後妻打ち、髻切り ちゃんと変換するSimejiすごい!

    2022-04-10 03:30:07
  27. もとどりがあんなにはずかしいなら女子のすいはつも相当恥ずかしものなのだろう

    2022-04-10 09:30:09
  28. 【仏の三十二相(特徴)】 頂髻相(ちょうけいそう) 頭の頂の肉が隆起して髻の形を成している。肉髻(にくけい)。 髻←もとどり

    2022-04-10 19:30:06
  29. もとどりを切られると烏帽子を被れなくなる=頭頂部を人に見られるという、あの時代にしては大変な辱めを受けるわけで、髪がある程度伸びるまでとてもじゃないけれど表に出られない状態になるわけです…。博打で身包み剥いでωを丸出しにさせても烏帽子は残すのが当時の人の情けでした。 #鎌倉殿の13人

    2022-04-11 05:30:05
  30. もとどりって髻って書くのか…。蛮族は髻切るし当時ですら炎上(物理)したしなってトレンド見て思いを馳せる。平家も源氏も髻切るのはやってたのかな…ひどいはやりだな

    2022-04-11 15:30:07
タイトルとURLをコピーしました