「競馬」という一歩を踏み出せ!

Pocket

ビジネスマンなら知っておくべき競馬の5つの法則

先ず安田記念のG1だが、スタートでアクシデントが発生してしまい、やや残念な結果となった。大外のロジクライ(武豊騎手、須貝厩舎)が、スタートで人気馬達に大きな不利を与えてしまった。アーモンドアイは、その後に直線でもスムーズさを欠きながら最速の脚で追い上げたが、3着まで。ダノンプレミアムの方は、何と最下位となり、レース後に騎手が下馬して検査に(一応無事との事)。勝ち負けを期待した2頭のスーパーホースが連にも絡めなかったため、筆者も少しがっかりした。勝ったのは、アーモンドと同じシルクのインディチャンプ。1月の東京新聞杯を勝ってから、ここが最大目標だった馬であり、先週のダービー後のコラムでも、「今の東京馬場には、ステイゴールド産駒も適応できていた」と、自分でも書いていたのだが。指名しなかった理由は、同じシルクの最強牝馬がエントリーをしていた。また調教欄を拝読させていただいている「競馬ブック」の欄で、「若干太めかも」という記載を見てしまったので、負担斤量が重くなる安田記念において、少しだけ手控えてしまった次第である。結果だけ見ると、ダービーに続いて「二頭出しは、人気薄を買え」という結果になったが、この豪華メンバーでG1を勝ち切るのだから、インディチャンプにG1の資質があったという事に違いない。戦前に書いた安田記念のリピーター説は、2着 アエロリット (前年2着、前走ヴィクトリアマイル5着からの巻き返し) 該当 2着6着 モズアスコット と、マズマズの成果だった。インディチャンプは、この豪華メンバーで戴冠を果たしたので、来年の同舞台でも勿論注意だろう。一方ダノンプレミアム陣営は、大阪杯を回避して迄このG1を狙っていただけに、痛い不利だった。京都のマイルでは、同馬の良さが存分に活きるだろうから、秋の巻き返しに注目していきたい。その他では、やはりシルクの勝負服が、開幕週の新馬戦をジャックしていた。クラブの祝賀会では、「今の2歳世代は現4歳世代より凄い」等、挨拶で伝えられていたようだが、たった2日間で、早くもリアアメリア、サリオス、モーベットでの3勝を果たしてしまった。開幕週の新馬戦は、POGなどで競馬ファンの注目がもっとも集まる瞬間だろう。ここでの連勝を実現できるのが、ノーザンFの行程管理能力の凄さなのだが、勿論日本中の競馬ファンに新たな衝撃を与えたと思っている。ノーザンFに、尊敬と感謝、また畏怖すら感じる内容だったかもしれない。個人的な意見で、この3頭だけではなく、これからも有力馬が次々に登場すると思っている。今年の2歳戦線は、特にシルクの「勝利の方程式」の動向に、注目してみていただきたい。(募集時写真。上から、リアアメリア、サリオス、モーベットの順)

競馬 アニキのタント

MT4のEAポートフォリオが、最大ドローダウンを更新してしまいました。
前は10.08%→今は10.88%。
そうはいえ、Myfxbookのグラフをアバウトに見るとそこまで気にするところではなく思えます。絵的には、いっても右肩上がりですから。
ただ今年、負けているのは事実。
勝つ時は勝手に勝つのがEA、それは分かっています。
この度は最悪の事態の想定、負けパターンだけを考えることにします。
バックテストを見ればこれくらいのドローダウンは想定内であり、あるべきもの。
憂慮すべきは、この3年くらいで勝たせてくれた相場に、大きな資金筋からの対策が打たれ、これからも恒久的に負け続ける状態になってしまったのではないか?ということ。
ドローダウン中の心持ちは、
・まあ、放っておけばいいや。そのうち取り返すから。
・やばい、これじゃ駄目だ。次の対策を打たねば。
の2択です。
どちらも正解なんでしょうけどね。誤りでもあるのでしょう。
売買をEAに任せるのであれば、ある程度の負けは覚悟しなければなりません。下手にlotを変えるのは自殺行為で、故にリバウンドを取れなくなります。
大概、大敗の後には大勝利がある。そこに下手に干渉してしまうと裁量トレードあるあるの、損大利小が自動売買でも出てしまう。
かといって放置し過ぎるのも、EAを過信し過ぎていて危険です。
FXはゼロサムゲーム。勝った人だけ負けた人がいる。狩られるのは、明日は我が身かもしれません。
そこを判定するのは、やはり裁量でやっていた自分の経験に頼るしかないんです。だから日々是勉強ですよ。楽して稼ぐ方法なんて無い!と、改めて思いましたね。
お金がかかると人間は皆本気です。自分が競馬好きでも、次の競馬予想を的中させられる自信なんて全く無いです。世の中には常に、自分より凄い人が密かにいます。全ては実力と努力の世界。
次に打つ一手は?
ドローダウンを取り返してくれるのなら、文句なしの現状維持。
その後の動きが怪しいなら、とりあえず生き残るために、退場しないために、負けた分だけlotを下げるマイナスの複利運用も有りかなあ?そんな風に考えています。
MT4を止めはしません。止めたら負けで、自分の成長も止めるだろうから。
やるべきことは自分の納得いくまでデータ分析をするしかない。解析に解析を重ねて出した結論でもし負けるなら、悔いは全く残らないですからね。
お金って、本当に難しいですね。面白くもありますが。

FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.00

コメントは受け付けていません。