タグ:ドライバーの記事一覧

女性のためのゴルフレッスンDVD

ゴルフ初心者もすぐに上達する、「女性のためのゴルフレッスンDVD」

タグ:ドライバー

アイアンについて

ゴルフにおいて、ドライバー、パターについで重要な位置づけを占めるクラブが、アイアンです。
文字通り鉄でできていて、中距離を正確に狙うためのクラブですね。
ほんとうはドライバーとアイアンとパターのほかにも、フェアウェーウッドですとか、ユーティリティーですとか、いろいろなクラブがあるのですが、基本となるのはやはりドライバーとアイアンとパターの三つですので、初心者のうちはこの三つから理解していくようにしましょう。
アイアンを選ぶ際に、特に重要な要素のひとつが、重さです。
まったく同じサイズのアイアンでも、大雑把にいって三種類の重さがあります。
それはヘッドではなくシャフトの部分の材質で決まります。
カーボンシャフト、軽量スチールシャフト、重量級スチールシャフト、の順で重くなっていきます。
基本的には、アイアンは重い方がいいというのが鉄則なのですが、特に非力な女性などが、無理に重いアイアンを使っても、まともに振りぬくこともできない、正確なスィングができないのではさすがに意味がありません。
より正確に言うと、「自分が使いこなせる範囲で、一番重いアイアン」を選ぶことが理想です。
ですが実際には、今日のアマチュアゴルフの世界では、軽すぎるアイアンを使っている人が多いです。
ゴルフにおけるパワーは、ヘッドスピードによって測ることができるのですが、目安として、ヘッドスピード40m/s以上の人は重量級の、38m/s以下の人はカーボンの、そしてその中間の人は軽量スチールのアイアンを使うとよいでしょう。

ドライバーについて

ゴルフの基本となるクラブは、ドライバーです。
大きなヘッドでボールを振りぬいて遠くまで飛ばす、一番派手なクラブですね。
クラブの先の部分、これをヘッドと呼びますが、大きさは一定ではありません。
ヘッドが大きい、あるいは大きく感じるドライバーを。
専門的には「投影面積が大きいヘッド」のドライバーであるといいます。
当たり前ですがヘッドが大きいほうが、とりあえずボールには当てやすいです。
身もふたもないことをいうと、下手であればあるほど、ヘッドが大きいほうが、多少はミスショットが減り、遠くまでまっすぐ飛びやすくなります。
ただし、じゃあ誰でも大きなドライバーを使えばいいのかというとそんな簡単にはいきません。
ある程度以上技量が上がってくると、今度は、ヘッドが大きいと、物理的な理屈は難しいのですが結論からざっくり言うと、ボールがスライスして右方向に飛びやすくなります。
また、飛距離の伸びも悪いです。
特に、スライスしやすい癖のある人は、大きなヘッドのドライバーは避けた方が無難です。
ただ逆に、フックしやすい癖のある人は、右に補正がかかるということになりますので、大きなヘッドを使い続けることもひとつの選択肢ではあります。
しかし一般論からいって、ドライバーの場合、フックする人よりスライスしてしまう人の方が多いです。
スライスの発生を抑えるためには、やや小さめのヘッドの、フェース面(ボールに当たる部分)が左を向いた(フックフェースと言います)ドライバーを選ぶとよいでしょう。

ゴルフはクラブで変わってきます

分かり切ったことですが、ゴルフのスィングの基本は、まっすぐ狙った方向に、ドライバーで打つ場合はなるべく遠くまで、あるいはアイアンで打つ場合は狙った距離に、ボールを飛ばすことです。
が、言うは安く行うは難し、そんなのは野球でいえば「バットを振ってボールに当ててホームランを打てばよい」と言っているようなものであって、狙ったところにまっすぐ遠くまで飛ばす、これを自由自在にこなすなんてのはプロゴルファーでも大変なことです。
まっすぐに打とうとしたはずなのに、ボールが右に逸れていってしまうことをスライスと言います。
左に逸れていく場合はフックです。
ただしこれは右利きの場合で、サウスポーであれば左右の表現が逆になります。
理屈だけいえば、正しいスィングをすれば、ボールはまっすぐに飛びます。
ですがこれも「正しくスィングをすればホームランが打てる」と言ってるようなもので話の解決になりません。
スィングを直すのは大切なことなのですが、一朝一夕にできることではありませんし、所詮は趣味でやっているアマチュアのゴルファーが、いくら練習をしたところで限度と言うものがあります。
ですが、ある程度まではこれを比較的簡単に克服する手段があります。
それは、身体にあったクラブを持つことです。
個人の体質いかんによって「どのようなクラブが合うか」はまったく違うのですが、適当に三十本ほど試し打ちをすると、だいたい一番飛ぶものと飛ばないものの間で、打つ人間の技量は同じでも、30ヤードくらいは差が出ます。
高いクラブを買えばいいというものではありません。
これこそ自分に合う、というクラブを見つけることが大切なのです。

ゴルフの基本的なプレイの流れ

ゴルフとは、つまり地面に置いたボールをクラブで打ち、パットで転がしてカップに入れる、そこまでの打数を競う、言ってしまえばそれだけのゲームであるわけですが、実際にプレイを進めていくに当たっては、無数といってもいいほどの複雑なルール、手順があります。
ここでは、最低限の、たしなみとして知っておかなければならない、基本的な流れを説明します。
最初のティーショットは一番最初の開始地点で普通に行うだけですが、二打目以降のプレイに際しては、自分の出せる飛距離と、ホールの状況を考え、使う可能性のあるクラブを、最低でも二本、基本的には三本、持っていきましょう。
プロゴルファー猿ではあるまいしドライバー一本ですべてのプレイをこなすなどという人間はいませんし、プロゴルファーならばいざ知らず、特に初心者のゴルフプレイヤーが、持っていくクラブを勘だけで一本に絞るのはやめたほうがいいです。
一見かっこいいかもしれませんが、万一持っていったクラブが合わず、やっぱり別のクラブにしようと思ってカートまで戻るとなったときにとてつもなくみっともないので、やめておきましょう。
なお、OBとそれに伴う打球の紛失はざらにありますので、予備のボールも、最低一個は常に持っておきましょう。
何度もOBしてボールを紛失するであろうという自覚があるのならもっとたくさん持っていった方が、いっそのことみっともなくありません。
初心者ならば下手なのはいかんせん仕方のないことです。
OBすること、そのものはマナーやエチケットには違反しません。
ですが、心あるプレイをすることが大切なのです。