タグ:スィングの記事一覧

女性のためのゴルフレッスンDVD

ゴルフ初心者もすぐに上達する、「女性のためのゴルフレッスンDVD」

タグ:スィング

子供用クラブの選び方

昨今、宮里藍選手や石川遼選手のように若くしてプロとなるゴルファーが現れ、ジュニアゴルファーが脚光を浴びています。
といえば聞こえはいいですが、そのへんの子供がよくわけもわからずにゴルフをやっているという状況が増えている、ということです。
ここにおいて、たいへん懸念すべきひとつの重大な問題が起こっています。
多くの子供が、重すぎるクラブを使っている、使わされている、ということです。
ゴルフクラブは基本的に、触れる範囲で重い方がいいという原則はあるのですがそれは大人の話です。
身体がまだできていない、非力であるに決まっている子供のゴルファーに、無理に重いクラブ、ひどいものになると大人用のクラブの寸をつめて無理やり子供用に仕立てたようなもの、そのようなものを使わせるのは言語道断です。
重いクラブを使うと、クラブの重さにスィングがついていけず、反動に頼った、引きずるようなバックスィングの癖がつきます。
右半身が伸び、クラブヘッドが垂れてしまい、オーバースィングがちな、そして振りぬいたときには反動で体が反り返るようなスィング。
子供の頃に重すぎるクラブでのスィングに慣れると、それが癖になり、一生そういう打ち方になります。
だいたい、子供に重いクラブを持たせてそれなりにゴルフをやらせると、ほとんど例外なく全員がこうなります。
およそ宮里藍にも石川遼にもなれるわけがありません。
その子供のゴルフ人生を台無しにするような仕打ちといっても過言ではありませんので、子供にはくれぐれも、身体にあった軽いクラブを持たせましょう。

ドライバーとアイアンの合わせ方

ドライバーを打つ場合も、アイアンを打つ場合も、やることはスィングです。
パターはさすがに違いますが、ドライバーとアイアンでは基本的な動作は同じです。
基本的な動作が同じですので、同じように振ったときに、どちらも適切なスィングになってくれるようなドライバーとアイアンをそれぞれ選ばないと、ドライバーはうまく打てるけどアイアンは苦手(男性に多いです)、あるいはその逆で、アイアンはうまいけどドライバーは下手(こちらは女性に多い)、ということがまま起こります。
理屈で言うと、ネック軸周りの慣性モーメントの数値が同じくらいでないとよくありません。
もうちょっと分かりやすくいうと、要するに、ドライバーが大きいならアイアンも大きいのを選び、同じく小ぶりなドライバーならばアイアンは小さいものを合わせろ、ということです。
そうでないと、ヘッドの返るタイミングが揃いませんので、スィングに悪影響が出てしまうのです。
もっとも、プロのゴルファーには、大きなヘッドのドライバーにプロモデルの小ぶりなアイアンを合わせるような人もいます。
ドライバーが大きいほうが左にボールが捉まるリスクは減りますが、アイアンの場合は、小ぶりなほうが、ドロー(スライスに似ているのですが、これは、意図的にボールを右に曲げることで、本質的には大きく違います)やフェード(同じく、意識的に左に曲げること)が狙いやすいからです。
ただし、それは相応の力量があればの話です。
そもそもアマチュアレベルで、ドローやフェードをそうそう狙って打てるものではありませんので、別の世界の話だと思っておきましょう。

ゴルフはクラブで変わってきます

分かり切ったことですが、ゴルフのスィングの基本は、まっすぐ狙った方向に、ドライバーで打つ場合はなるべく遠くまで、あるいはアイアンで打つ場合は狙った距離に、ボールを飛ばすことです。
が、言うは安く行うは難し、そんなのは野球でいえば「バットを振ってボールに当ててホームランを打てばよい」と言っているようなものであって、狙ったところにまっすぐ遠くまで飛ばす、これを自由自在にこなすなんてのはプロゴルファーでも大変なことです。
まっすぐに打とうとしたはずなのに、ボールが右に逸れていってしまうことをスライスと言います。
左に逸れていく場合はフックです。
ただしこれは右利きの場合で、サウスポーであれば左右の表現が逆になります。
理屈だけいえば、正しいスィングをすれば、ボールはまっすぐに飛びます。
ですがこれも「正しくスィングをすればホームランが打てる」と言ってるようなもので話の解決になりません。
スィングを直すのは大切なことなのですが、一朝一夕にできることではありませんし、所詮は趣味でやっているアマチュアのゴルファーが、いくら練習をしたところで限度と言うものがあります。
ですが、ある程度まではこれを比較的簡単に克服する手段があります。
それは、身体にあったクラブを持つことです。
個人の体質いかんによって「どのようなクラブが合うか」はまったく違うのですが、適当に三十本ほど試し打ちをすると、だいたい一番飛ぶものと飛ばないものの間で、打つ人間の技量は同じでも、30ヤードくらいは差が出ます。
高いクラブを買えばいいというものではありません。
これこそ自分に合う、というクラブを見つけることが大切なのです。

ボールがまっすぐに飛ばないとき

ゴルフのスィングにおいて、ボールが右に逸れていくことをスライス、左に逸れていくことをフックと言います(サウスポーであれば表現が逆になります)。
さて、一般的には、スライスしやすい人とフックしやすい人、という両者に分かれます。
どちらが多いかといえば日本人の場合スライスしやすい人の方が圧倒的に多いです。
ただし、特に初心者のうちは、左にも右にも曲がる、ということがまま起こります。
理由は何でしょうか?
下手だから?
まあ、それもそうです。
単純な問題として、どんなクラブを使おうが、プロがスィングをすれば打つたびに左や右に飛んで行くなんてことはまああまり起こらないでしょうから。
ですが、じゃあ上達するようにスィングの練習をすればいいのか?といえば、それだけの問題ではない場合があります。
スライスもフックも起こりやすくなる、原因となる要因があります。
それは、シャフトの硬度の問題です。
具体的には、シャフトが柔らかすぎると、ちょっと振りすぎただけでシャフトがしなってボールがスライスし、逆に手加減するとフックしてしまう、ということが多々起こります。
この問題は、市販の安いゴルフクラブにおいて特に顕著です。
単純に言ってしまうと、安物の、普及品のクラブは、シャフトが柔らかすぎるものが多いのです。
別に材料費をケチっているとかそういうことではなく、柔らかい方が振りやすいので非力な初心者向けではあり、そしてゴルフ用品のメインターゲットは高齢者であるからです。
特にレディースのクラブは、いくら女性が使うにしてもこれではあまりにも柔らかすぎるというものがよくあります。
もちろん硬いシャフトのクラブを使えばそれでよいという話ではなく、自分が振りやすい範囲での、適切な硬さのクラブを選ぶことで、スライスやフックを減らすことができるということです。