追憶 エンディングまで、泣くんじゃない

PR

Pocket

追憶の通販限定品に注目、お求めやすい価格で取り揃えています。ぜひご覧下さいませ。

2016年11月。癌告知をされた月。11月上旬。体温は39.8℃まで上昇。念のためインフルエンザも調べたが陰性。体も目に見えて痩せてきていた。
特に肉が落ちづらいと嘆いていた太ももまでもが痩せてきており、これは彼女の身体に重大な病が襲いかかっている予感がした。
妻も痛い辛いと嘆いていた。当時のLINEのやり取りを振り返って読んでも心が痛くなる。もう痛いのは嫌だと。癌の症状は末期にならないと辛くないという。妻は既にその状態に差し掛かっていたのだ。
近くの総合病院で精密な検査をしてもらうよう嫁さんに伝えた。何でもっと早く調べようという発想が無かったのだろう。と言っても出産から数えて3カ月。いつ何をするのが最適だったのか。答えがない。
11月9日。かかりつけだったK病院にて血液検査とCT検査を行う。私は仕事で会議中だったが、妻からLINEで報告のあった検査結果はこうだった。
「病院で検査をした。何かヤバイ事が起きている。肝臓の血液検査とCTで異常が見つかったから、家族を連れて明日病院に来て欲しい。って先生から言われた。明日仕事休める?」
血の気が引いた。「家族を連れて来い」ドラマで何回か聞いたセリフ。イコール癌。
もう仕事にならない。夜遅くになったけどすぐ自宅に帰った。
癌については素人だった。一斉にインターネットで知識を詰め込む。もうドンピシャで
大腸がん肝転移ステージ4
まだ32歳だぞ?3カ月前まで出産で大学病院の管理下にあった身体だぞ?
可能性的にあり得ない。そう信じて帰路に向かうしかなかった。

追憶とか都市伝説をまだ信じてる奴っているの?

PR

コメントは受け付けていません。