初対面で差をつけちゃぉ♪

PR

Pocket

初対面は必見!

※タイトルはスタバの高カロリーフラペチーノを飲んだことに寄るものではありません。子育てが楽しい人にとっては気分を害すかもしれませんのでお戻りくださいませ。暗い話です。 スタバのチョコレートベリーマッチフラペチーノおいしかったのですが、いちごのもそうだけどオーダーが恥ずかしいから普通の名前にしてほしい。    娘の風邪がなかなか治らず、今日も仕事を休んでいます。 1週間、熱が上がったり下がったりと安定しないのですが、小児科で血液検査しても耳の中を見ても風邪とのことでした。夫は、私が時短で休みやすい職場なので協力する気ゼロでなんかもやもやします。年の差があるから年収の差があるだけで、同い年くらいなら同じくらいの年収だし、休みやすい職場に入ったのも私の努力ですが、そういう夫と結婚したからしょうがないですね。休みのときは育児しますし。     さて、生まれてから今まで自分の子供がかわいいなぁと思うことが少なく、育児って退屈だなぁとよく思います。 決して子供が悪いわけではなく、自分の問題だということは分かっています。 「こんな気持ちでは子供に悪いなぁ、つまらないと思っていることが子供に伝わるのではないか、伝わって傷ついたら悲しいな」とも思います。 「育児 退屈」「子供 かわいいと思えない」などとネットで調べて出てくるのは・子供と離れてみる(夫に預ける、一時保育)→一人で身軽に過ごせることが嬉しい、帰って一瞬はかわいいと思うものの長続きしない ・仕事する→仕事が事務職、人との関わりが少ないなどで仕事の方がいいなと感じます時短だけどフルタイムに戻したいですが、時短でも帰宅後は娘がベタベタなのでまだ早いかなと思ってとどまっています休日はどうやって過ごしたらいいのかいつも悩みます小さいので、保育にかかる税金>保育料+私の労働の社会的価値だろうし、保育園にも仕事をフォローしてくれる周りの人にも申し訳ないです。 ・疲れているだけ→夜間断乳でまとまって寝るようになりましたが、やっぱりかわいいという気持ちが長続きしない ・支援センターでママさんと話す→初対面の人が苦手で、楽しいより疲れるほうが大きくストレス発散にならない 義務感で毎日を過ごしているのでもっと楽しく過ごせればいいのになとは思います。かわいい時期は今のうちだけで、もったいないというのも頭では分かりますが、なかなかそういう気持ちは湧きません。 「仕事も見方を変えれば楽しくなる」というようなことは聞いたことがあったので、「楽しいところを見つけよう」と思っても、根がネガティブでたぶんドライな性格なので子育て関連のほとんどが疲れるなという感想しか持てません。 夫は、どこでもなんでも楽しめる性格のようで「時間がもっとあればもっと娘と遊びたいのになぁ」「家事もそれなりにはできるし、在宅でも主婦のパート代くらいは稼げるので専業主夫になってもいい」と半分本気で言っています。子供を強く欲しがったのも夫ですが、私より夫のほうが仕事が好きなこと、夫が会社を辞めたら世帯年収が大幅に減ること、世間体で私が時短をとっています。 私のこんな性格では到底2人目は考えられないので、子供は1人の予定です。2人目が欲しいと思える人が純粋に羨ましいです。子供はかわいいと思うときもあるし、もう子供がいないことは考えられないので産まなければよかったとは思いませんが、子供ができない人に申し訳ない気持ちになります。 産んだ以上は愛情を持って育てたいですし、娘には笑顔でいてほしいですが、なんだかそんな気持ちが湧いてこないのです。。。保育園に入ってどれだけ授乳しても満足していないようなのもストレスです。 おそらく、私が男性だったらこれでもよかったのでしょう。平日は仕事から帰って少し遊ぶ、休日は家族で遊ぶ。育児はパートナーがメインでしてくれる。世間体が気になる、お金を使うのがもったいないと思うところもあるので、育児の手を抜くあらゆることも罪悪感を感じます。もっと大変な家庭はたくさんあるだろうになぜうまくできないのだろうと思います。 「子育て 義務感」で調べると、私以外にもいるのだなということが分かり、それだけ少し安心しました。私の周りの先輩ママでもあっけらかんと「子育て向いてないから無認可に入れてずっと仕事してたの」とか「早く子供に自立してもらって出て行って欲しいわ〜」みたいな話をする方もいるのでたまには母性が薄い人もいるのかな、私は深く考えすぎなのだろうかと思ったりもします。 今あるものに目を向けることを心がけるといいのかなとは思います。 現実では到底言えませんので、厳しいお言葉はご遠慮ください。。。

初対面 まじめ まじめ まじめ

 ご訪問ありがとうございます^^       今回シリーズになっております!↓まだ読んでいない方はこちらからどうぞ^^《馴れ初め話①》ふたりが出会う前。《馴れ初め話②》夫の決意。《馴れ初め話③》一目惚れ。《馴れ初め話④》辿り着く。 夫さんとの初対面は居酒屋でした。  (※当時全員20歳になっています。)   第一印象がどんなだったか、聞いてみると意外と面白いです  夫さんはわたしと会って、「人見知りなのかな?」と思ったそうです。 そのとおり あとおとなしいとも思ったと言っていました たぶんあまり喋らなかったからですかね…2人きりとかだったら喋るんですが、3人以上の飲み会だとなんかうまく喋ることができないんですよね目も合わせず、あまり喋らず…愛想悪いですね、わたし、、、←    夫さんの第一印象は漫画にも描いたとおり、「落ち着いた人…?」でした。話もふってくれて話しやすく、お酒に飲まれることもなく、年上っぽいな~と夫さんはがんばって年上らしく振舞ってくれていたみたいなので、成功ですね笑 連絡先を交換し、次の日は授業があったので解散しました。(続きます)       なかなか話が進まず、申し訳ないです①~⑩くらいで描こうと思っていて、今日描きあがるかな~って感じだったのですが、昨日から重めのものもらいらしきものができてまして描けたらぽんぽん更新したいのに…心当たりないのですが、何か触っちゃった手で目をこすっちゃったんですかね早く治らないかな…コメント返信が遅れてすみません    ここまで読んでくださり、ありがとうございます^^いいね、コメント、読者登録も本当にうれしいです更新の励みになります!

PR

コメントは受け付けていません。