初対面のアンテナ

PR

Pocket

初対面 食の、あたらしい風。

↓前回のお話↓一生分の맛있어요     日本語が上手な弟くんという心強い助っ人登場とお父様が、最新のスマホを駆使して「何でも話して」的なことを翻訳機に喋らせてくれたので 私も思い切って自分からお父様に話をしてみました。   n「cyagiは彼女を両親に紹介するの初めてと話していました」n「初対面の私の印象はどうですか?」   この時お父様は、楽しそうに笑っていました。   「うちの息子よくやった、と思ったよ(笑)」  cyagiは照れてるような複雑な表情でした。そして調子に乗り、畳み掛ける私。   n「初めて会う彼女が日本人と知って正直どう思いましたか?」   我ながら思い切った質問したなって思います…でも正直、一番聞きたかったことでした。  お父様は、真摯に答えてくださいました。  「昔日本と韓国は色々あったけど、それは昔の話」「韓国人と日本人で国籍は違うけど、それは重要じゃない」「心と心が合えば韓国人も日本人も関係ない」「一番大切なのは心だよ」「心が一番大切だと私は考えるよ」  ざっくり言うとこんな感じで私の目を見ながら時に微笑んで、時に胸に拳を当てながら、真剣に答えてくださいました。   私、好きな韓国語は「마음」なのです。  心、気持ちと解釈していますが  この言葉を、お父様の口から聞いて本当に感動して… 胸がいっぱいになって涙をこらえました。   何をそんな大袈裟に、と思われるかもしれませんが 私自身、お父様の言葉はもしかしたら社交辞令かもしれない付き合っている状態の今だけかもしれない結婚となると違うのかもしれないと思いながらも(安定のネガティブ思考発動)  それでも、私の質問に淀みなく答えてくれたお父様の言葉 そしてcyagiのお父様が素敵な方だったっていうことが 本当に本当に嬉しかったんです…。     会食はその後も和やかにすすみ皆お腹いっぱいになったところで時間も早かったので最寄り駅からホテルへ向かうことに。 帰り際に準備していたお土産も無事に渡してお母様とハグをして笑顔でお別れしました。    というわけで、cyagiのお父様との初対面は無事に終わりました  〈つづく〉

初対面の人気の秘密を分析、もう手に入らないレアモノもありますよ

PR

コメントは受け付けていません。