初対面に関する都市伝説6個

PR

Pocket

エターナルフォース初対面

初対面の通販サイトレビューなどを紹介、友人へのプレゼントにも最適ですね。

 【ブーケ】メーガンさんが手に持っていた「ブーケ」の花はヘンリー王子が2人が暮らすケンジントン宮殿の庭で摘んできたものが使われたそう。ヘンリー王子が摘んだ「Forget-Me-Notsワスレナグサ」は、彼の母親である故ダイアナ元妃が大好きだった花。ヘンリー王子は亡き母の好きな花をブーケに用いることで、メーガンへの愛だけでなく母への愛も示しました。  
式でウェディングドレス姿のメーガンと初めて対面を果たしたヘンリー王子は、まず花嫁と歩いた父チャールズ皇太子に「ありがとう、父さん」と最初にひと言お礼をいったとか。披露宴が2回行われましたが、1回目はエリザベス女王が主催したフォーマルなランチパーティー形式の披露宴で、出席者600人にゴージャスなランチとウェディングケーキが振る舞われ、その席でチャールズ皇太子がスピーチを行い、「最愛の、あの小さかったハリーが…」と赤ちゃんの頃にミルクをあげたりオムツを替えたなどという思い出話と、こんなに立派な大人になって…という喜びを語り、涙を誘ったとハリー王子がアフリカレソト王国でとともに行うチャリティー「Sentebale(勿忘草)」の会長、ジョニー・ホーンビーが証言。 ダイアナ妃の意見を受け入れウィリアム王子誕生後同様ダイアナと一緒に王子を育てることに専念した皇太子は公務をさらに減らして次男を可愛がったっそうですが、エディンバラ公フィリップは、皇太子が家族にかまけて公務をないがしろにしていることを批判し抗議の意味を込めてエディンバラ公はヘンリー生誕から5カ月に渡ってヘンリーの顔を見なかったとか。   2回目はチャールズ皇太子が主催した夜の披露宴。外部への情報漏れを避けるため、出席者が携帯電話の使用を禁止される厳戒態勢のもと、夫妻の親しい友人や親族ら200人が集結。花2人がホイットニー・ヒューストンの音楽に合わせて夫婦としての「ファーストダンス」を披露する場面も。ヘンリー王子はスピーチで、メーガンを初めて「ワイフ」(妻)と呼び、歓声と拍手が上がり「これからの人生を君と一緒に過ごすのが待ちきれない。僕たちは素晴らしいチーム」と愛情たっぷりのスピーチを行い、昼の披露宴と同様泣き出してしまう出席者がいたそう。 義理の娘に声をかけるチャールズ皇太子。すでにキャサリン妃より仲が良さそうなのは、メーガン・マークルさんのコミュニケーション能力? チャールズ皇太子はメーガンに「大丈夫かいすごくキレイだよ」と褒めると、メーガンが「ありがとう」と返す微笑ましいやりとりがすでに見られました。
 新郎のヘンリー王子は祭壇で新婦を待つ間涙をぬぐうなど感動の面持ちを見せていたとか。     マークルさんは、「夫に従う」との宣誓は行わず、ヘンリー王子も慣習に従わずに結婚指輪を身につけることを公に。    礼拝堂は、ヘンリー王子の母の故ダイアナ元妃が愛した白いバラの花で飾られました。またヘンリー王子の母、故ダイアナ元妃の姉のジェーン・フェローズさんが朗読を行っています。  結婚式では、伝統的な賛美歌に加え、聖歌隊により米国人歌手ベン・E・キングの1960年代のヒット曲「スタンド・バイ・ミー」も歌われたまた米国人で黒人のマイケル・ブルースカリー司教が、公民権運動指導者のマーチン・ルーサー・キング牧師の言葉を引用しつつ、情熱的な説教を行い。 【爵位】王子の称号は、サセックス公爵(Duke of Sussex)ダンバートン伯爵(Earl of Dumbarton)キルキール男爵(Baron Kilkeel) ヘンリー王子の敬称は、サセックス公爵殿下(His Royal Highness The Duke of Sussex)、メーガン・マークル(Meghan Markle)はサセックス公爵妃殿下(Her Royal Highness The Duchess of Sussex)となる  ページボーイを務めた双子のスタイリストはジェシカ・マルロニー。カナダの最高学府、マギル大学を卒業した才女で、3人の母。現首相ジャスティン・トルドー夫人、ソフィのスタイリングも担当。ドラマ「SUITS/スーツ」の撮影で長らくトロントに暮らしていたメーガン妃とも仕事をしていた友人でもある関係で、夫の父は、カナダの元首相ブライアン・マルロニー。今回のウェディングドレス選びにもアドバイス。素材はシルクで、トレーンの部分はトリプルシルクオーガンザの裏地がついており、シルクチュールのヴェールの縁には英連邦の53ヵ国を表す花のブロイダリーが手作業であしらわれていました。
ヴェールの長さは約5メートルあり、ヴェールを持つ双子の男の子ブライアン&ジョン・マルロニーくんのかわいさも注目を集めました。   パレードを終え、ウィンザー城に戻った新婚夫婦はお色直しをして、チャールズ皇太子主催のレセプションを開く会場、フロッグモアハウスへ!サセックス公爵夫妻が乗り込んだのは、シルバーブルーでイギリスの自動車メーカー「ジャガー」の美しい電気自動車「E-TYPE ZERO Eタイプ ゼロ」で、2017年9月に発表されたもの。価格は英国のタブロイド紙『Daily Mail』によると35万ユーロ(約4,575万円)だとか。  トーマス・マークルさんは、テレビ中継などで結婚式の模様を見たとみられ、米芸能専門サイトTMZに対し式について「感動的で楽しかった。娘はきれいでとても幸せそうだった。結婚式に行けたら良かった」と語りました。心臓の手術を受けたトーマス・マークルさんは米国で療養中だそうです。 Meghan Markle’s parents Tom and Doria (pictured) married on December 23, 1979 at the wacky Self-Realisation Fellowship Temple on gaudy Sunset Boulevard in Los Angeles  母ドーリア・ラグランドは、ロサンゼルスのメンタルヘルスの診療所でセラピストとして働いていたけれども診療所を辞めており、関係者によると「彼女は自分の診療所を立ち上げる話をしていた」とか。
50代で大学に入学、南カリフォルニア大学を卒業しソーシャルワーカーの免許を取った努力家だそう。式にはオスカー・デ・ラ・レンタのドレスで出席し、とても好評だったそう。   すぐにはハネムーンに出かけず、来週には夫婦として初の公務が予定されています。  2016年7月チャールズ皇太子、小学生が作った“張り子のヘンリー王子”がお気に入り「「この張り子は逆さにしても同じじゃないかな。ヒゲがちゃんとついているから」と涙を流して大笑い!→●  

PR

コメントは受け付けていません。