ボブを、ノンフィクションに。

PR

Pocket

ボブ ごはんがおいしくなるスーパー

先日はヘアドネーションをして頂きました!第一号です。 ?ありがとうございました。
お客様は結婚式の為に伸ばしていました。バッサリカットしたいという事で、提案させて頂きました。
まず、始めに切る前はこんな感じ。ロングですね。よく頑張りました。
『ショート』にしたい!とのご提案を頂きまして…バッサリいきます。
根本をゴムで結んで、何cmあるかな?『31cmギリギリあるっっ!??』
では、cutしちゃいますー。
cut後はこんな感じです。
それを切り揃えていきます。
モデルさんは、癖毛ちゃん。ストレートパーマをかけています。真っ直ぐ故に後頭部のボリュームが出るようにcutさせて頂きました。
『ショーとボブ』です。 ?
こちらは、ヘアドネーションさせてもらいます。
cut代金¥3780半額の¥1890を、募金箱に…。
まだまだ毛束も、ウィッグを作る費用も足りません。Aileでは、ダブルパンチで応援させて頂きます??

その時の齊藤セレクトになってしまいますが、粗品をプレゼントさせて頂きます。
バッサリカットする予定のある方はぜひ、ご協力頂けますよう、宜しくお願い致します。

「ボブ」に騙されないために

朝6時、テキサス州ダラスから舞い上がりました。 朝焼けがきれいです。   ところで飛行機の翼のはしっこがちょっと「わしづかみ」形になっていますね。 ボブによりますと、このはしっこモノはウイングレットと言います。 ウイングは翼、「レット」はブレスレットとかアンクレットとかくまのプーさんのピグレットとか、「ちっちゃなかわいいなんか」のことです。 で、この飛行機の翼の、ちっちゃなーーーといっても上部分だけで大人くらいの高さがあるこのレットちゃん 燃費をすっごく良くしてくれるのです。というのは翼の上と下で違う空気の流れがあると、先端で竜巻みたいな気流ができるのですが、レットちゃんたらそれを利用して翼を持ち上げてくれるんですね。 そして2年ぐらい前に登場したおニューなのが、下レットちゃん。 これもわずかながら燃料削減に役立ちます。 ちなみにわしづかみの先のツメみたいなのは、航空灯を取り付ける場所みたいです。 ↓こちら、ボブが書いてくれた図 左上が昔の翼です。右上、ブレンディッド ウイングレット。(ブレンディッドはスムーズな曲線にしたよってこと)右下が、スプリット シミター ウイングレット。シミターは左下のような三日月刀。それをスプリット(割る)した形。

ということだそうですよ。   そんなエアロダイナミクス話をしているうちに飛行機はグレートプレーンズをどんどんとんで 朝もや雲もうつくしい・・・キルトみたいな農地のパッチ模様。畑もピンクにそまっていることでしょう。 丸いパッチも見えます。円の中心からのばした管をまわして水やりするためです。 そして、見えてきましたロッキー山脈。ここまで約二時間のフライトでした。  ・・・って二時間ずっと夜明け空だった!! ずっと夜明けの中にいたッ!! もしこのまま飛行を続ければ、ほんとに永遠の夜明け空・・・ そんな奇遇な不思議体験でした。     ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 

PR

コメントは受け付けていません。