コトリンゴ 通りがかりの他人ほど、好奇心旺盛である。

PR

Pocket

コトリンゴの格安情報を提供、ついつい周りで流行ってるものをなんとなく選んでしまう、そんな貴方に!

昨日になりますが、
私の勤め先は3大連休以外では7月に年に1度だけ月曜休みがあるカレンダーとなっていまして、
それが昨日7/24(月)でした。
さて、せっかくの平日休み(私にとっては超貴重)なので、何をしようか?
大事に使わないと、
って考えたのですが
結局また「この世界の片隅に」を観に行くことにしました(笑)
↑それしかすることないんかね、、、
まあ、そういうことでコノセカを観に行くことにしたのですが、
じゃあ、どこで観るか?
と言っても、東京近郊ではテアトル新宿だけなんですけど。
テアトル新宿さん、先週までは土日しか上映してなかったのですが、
今週から平日の上映を復活させてくれて、
だから月曜日でも今週はテアトルで観られるんですが、
おとといテアトルで観たばっかりだし、先週もだし、
ちいとは違う映画館でも観たいなぁ、、、
と、ツイッター情報など探していましたら、
高崎電気館というところで土曜日から上映が始まっていたんです。
なんか映画館の名前が昭和レトロっぽくて、これは見ておく価値があるか
ということで、高崎電気館に行くことにしました。
高崎 … 群馬県です。
自分が普段通っている東京方面とは真逆の方角ですが、
埼玉の片田舎から東京に出るのと、群馬県高崎市に行くのとでは、
実は距離的には変わらなかったりします。
そういう動機で、やって来ました。
高崎電気館
名前から連想される通り、昭和レトロ感バッチリです(*^▽^*)
この佇まい、コトリンゴさんのハナウタライブで訪れた
長野県の上田映劇の雰囲気と近いものが感じられます。
チケット売り場もガラス張りの昭和っぽいブース
なんですが、看板に書いてある通り実際のチケット販売は2階の劇場入り口でした。
・・・にしても、カウンターに置いてある黒板のメッセージボードが雰囲気いいすね(*‘∀‘)
いいでしょう?
って、ひとりで興奮してますが(笑)
2階の劇場入り口
そこら中に「この世界の片隅に」ポスターです
それもそのはず、
7月は28~31日は休映だけど、8月4日まで1日4回、「この世界の片隅に」だけの上映が続くんです!!
ただ、テアトル蒲田/蒲田宝塚のように入れ替え無しでは無いので、4回観るには4回分のチケットを買わなければならないですけど
(まあ、それが普通ですね。蒲田は特別です)
で、ここの鑑賞チケットですが
「この世界の片隅に」ポスター柄の特別仕様
すずさん
いやあ、このチケットを買うためだけに来てもいいって感じ
やるねえ、高崎電気館!!
場内はというと、

椅子も昭和っぽいですねぇ

で、昭和の時代の映画館の椅子を思い出しました。

1時間座っているとお尻が痛くなってきます(;^_^A

いいのいいの。 そういう座席だったの、昔は

ほんと、抜かりなく全てが昭和です(≧▽≦)

そういう劇場で観る「この世界の片隅に」は

雰囲気がベストマッチで私は大好きです!

で、これだけ昭和を感じると肝心の上映のクオリティは?

と思うのが普通ですけど、

これは予想を裏切ってくれました

映像はきちんと明るくシャープだし、

音は特にセンターchのセリフが大き目で聴きやすいバランスで、

リアchもきちんと音が出ていて、

要するに上映のクオリティは現代の映画館に負けていません。

立派な上映クオリティでした。

観客は、

やっぱり少なかった

大体10人くらいしか入らなかった、、、

せっかくこれだけのクオリティでチケットも特別仕様を準備して、

力を入れて上映してくれているのに

だからツイッターでも叫ばれていたんです。

 群馬のみなさん、頑張ってください

 群馬のみなさん、頑張ってください  って

(コノセカを観た人ならどのシーンに引っ掛けてるかはわかりますよね?)

もっと地元の方には観に行ってもらいたいなぁ。。

ここでは8月の終戦記念日にかけて終戦特集企画での上映も含めて

8月18日まで「この世界の片隅に」の上映が続きます。

スケジュールはツイッターに上げたものを

いい映画館です。

すずさんのチケットもまた貰いたいし、

群馬の皆さんの応援のためにも?

また行ってこようと思うとります

コトリンゴの人気商品をたくさん集めてみました

映画「この世界の片隅に」

ついに観客動員200万人目前となって、

カウントダウンが始まってます

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「この世界の片隅に」公式ツイッター情報によると、

5月18日終了時点で 観客動員数 1,990,906人

200万人の超大台まで あと 9,094人

ツイッター記事のリンクです →

19日金曜日に300人としたら、あと約8,800人

現在上映されている映画館は、19日で終わってしまったところが6館あるので、

この週末に上映しているのは18館、、、

週末は1館平均で100人は入るとしたら、1,800人/日

で、土日で3,600人

あ、それに明日土曜日(あれ?これを書いてる間に日付変わったので今日か)は、

私も行かせていただく長野県上田市の上田映劇でのコトリンゴさんライブ&上映会があります。

ここの上映も観客をカウントするとしたら、劇場は270人SOLD OUTだからその分プラス。

そうすると、日曜日終了時点で あと 4,930くらいでしょうか?

************************

【5/22時点の最新情報追記】

「この世界の片隅に」公式ツイッターで、週末にかけての動員数が発表されました。

それによると、

19日(金) 429人

20日(土) 530人

21日(日) 885人

合計で 1,844人 となったそうです。

ツイッターでの公表値は、あと 7,307人 となっていますが、上に書いてある通り木曜日時点で残り 9,094人だったので、計算上は あと7,250人 になります。

想定よりも土日の動員数が少なすぎる((+_+))

以下の数字も、上記の数字を踏まえて訂正しておきます。

************************

月曜からは今週よりも6館少ない上映館なので平日は250人/日として金曜までで1,250人。

あと6,000

そして来週の週末は、25日or 26日で終わる映画館がさらに4館あるので残り14館

1日 800人動員×2日で 1,600人、

あれ? そうするともしかして来週の日曜終了時点でも あと 4,400人?

どうやら、5月中に200万人達成は行かない感じ。。。

今のペースだと、1週間で3,000人弱なので、6月4日の週の平日、もしくは10日(土)くらいに200万人達成でしょうか??

ここまで読んでいただいた「この世界の片隅に」好きの皆さん、

今週と来週は出来るだけ「この世界の片隅に」を観に

映画館へ行きましょーっ(●≧ω≦)○

そうすればひょっとすると、

記念すべき200万人目の観客になれるかも?

…とは言え、もう近隣で上映されているところが限られているのですが、、、

ということで、残りの上映館です。

ツイッターのによる提供情報です。

イオンシネマ幕張新都心

丸の内TOEI

テアトル新宿

シネ・リーブル池袋 (5月25日まで)

テアトル蒲田

土浦セントラルシネマズ

イオンシネマ新潟西 (5月26日まで)

千石劇場

伊那旭座 (6月2日まで)

CINEX

キノシタホール

福知山シネマ (5月26日まで)

テアトル梅田

シネ・リーブル神戸

夢売劇場 サロンシネマ1・2 (5月26日まで)

萩ツインシネマ

ufotable CINEMA

桜坂劇場ホール

お近くに劇場のある方は是非

今 しかないですよ

歴史に残る名作を

公開中の劇場で

リアルタイムで

観ることが出来るチャンスは

そして記念すべき

200万人目となるチャンスは

PR

コメントは受け付けていません。