「コトリンゴ」という幻想について

PR

Pocket

コトリンゴの修理もできる激安販売店情報、お安くご提供しているショップを紹介

昨夜遅くに

いのちのうた2017が全国放送されましたね
私は一度見ていましたから
いちお、録画だけして早めに寝たら
番組始まる寸前に目が覚めました
途中、コトリンゴさんの優しい歌声に
眠りの国へ行きそうになりましたが
なんとか最後まで見ましたよ
URnotaloneも、素晴らしかったけど
あやめ、改めて見たら
NHKで、あんな素敵なソロを歌わせてもらえたなんて
すごいことだと思います
シゲちゃんとシゲ担さんに嫉妬するわ?
力強く歌うまっすー
カッコイイーーー
欲を言わせてもらえば、
テゴマスにも歌わせてほしかった、いのちのうた。
シゲマスが向かい合って歌うとこ、好きでしたーーー
そして、シゲちゃんの想定外の右あやめ
ラストの美しさったら、、、。
ホントに虹色
旗をシュッと振り下ろした瞬間、
暗転して番組が終わるとこ、すごくよかった
シゲもNEWSもいいお仕事させてもえたね
メンバーのソロ活動が
こうしてグループに還元される事になるなら、
それもいいかな、、、。
そして今夜は、少クラプレミアム
ゲストはV6です
どんなトーク繰り広げるのか
楽しみ
イノッチ、頼みますよ
キスマイのライブの映像も流れるみたいです
そして、V6はMステにも出ます
岡田くんのプロデュース曲を歌うそうです
そして、いよいよ明日は
V6ライブーーー
今日は、職員さんのお休みが多くて
プールあるし、
忙しいんだけど
少クラやMステ、明日のライブを楽しみに
今日一日、ガンバルーーー
そして
娘、今日から自動車学校入校です
頑張って免許取ってね
ネタパレもあるねーーー
まっすー

コトリンゴへようこそ

ご訪問下さいましてありがとうございます

Mrs.エステティシャン花音です
タイミングを数回失って、もう見れないかと思っていた映画「この世界の片隅に」
お客様から映画情報をいただきました
待ちに待ったこのチャンス
M様、ありがとうございます
「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの漫画をアニメ化した映画で昨年秋の上映を皮切りに、全国の映画館や公共施設で今でも上映されている映画です
原爆が落とされた広島と軍港のある街の呉に住む人々の暮らしを主人公のすずを中心に描かれた作品です
戦時中、段々物資が無くなる暮らしでも懸命に工夫しながら、ささやかな幸せを見いだそうとする人々
激しさを増す戦争の中で、大切な人や自分の体の一部まで失った悲しみを抱えながらも、懸命に立ち上がろうとする主人公すずの健気な姿
当時、三原の女学生だった母からこの年の様子や、8月6日原爆が落とされたの日の事は聞いていました
私は、呉が出生地で6歳まで住んでいましたが、祖母や祖父から呉の空襲がここまで酷かった話は、私が幼かったからでしょうか、一度も聴くことがありませんでした
挿入歌のコトリンゴさんが歌う「悲しくてやりきれない」も、色んなシーンが重ね合わされて、とても胸に迫る映画です
先日見たニュースでは原爆を被災された方々が高齢化し、語り部が絶えていく事を危惧した高校生の皆さんが、被爆70周年プロジェクトに参加しあの日あの時をバーチャル体験してもらうために歳月を費やしてコンピュータグラフィック映画を製作されているそうです
来年の夏に完成した映画は、国連NPT再検討会議で公式上映され、国際平和教育の教材として使われるそうです。
素晴らしいと思います
なんと、我が町福山にある高校
福山工業高等学校の計算技術部の生徒さん達です
こうやって戦争が残した爪痕や平和の尊さが、後世に語り継がれて行くことを願ってやみません

PR

コメントは受け付けていません。