stu48 おいしさを笑顔に

PR

Pocket

街をつなぐ、心をむすぶ stu48

みなさん、こんばんは

ともりんです。

引っ越しした時に、古くなった本棚やカーペットなどを捨てたので、今日はホームセンターに買い物へ行っていました。

ついでに、市内を探索したりして、いろんなことがわかり、ちょっとだけ帯広市民に近づいた気になりましたwww

さて、チーム8公式サイトで紹介されていた”AKB48チーム8の『社会派宣言!!』”

その第一回定期テストが読売中高生新聞公式サイトで昨日掲載されました。

もちろん回答するのはメンバーです。

問題もなかなか凝った内容でしたね。

ひとつ紹介します。

——————————————

大問2

 読売中高生新聞の人気キャラクター、トリとトリコが「日本一」について話をしています。会話を読んで、あとの問いに答えなさい。(問1~6、各2点 問7、4点)

 

トリ:「日本一」と言えば、(1)富士山(2)世界文化遺産にも選ばれたし、日本の誇りだよ。

 

トリコ:これだから男って単純。私は山じゃなくて川を推したいわ。日本一長い(3)信濃川。河口がある新潟はNGT48もできたし、今、日本海側で最も熱い街よ。

 

トリ:信濃川が日本一ってのには、異論があるね。流域面積では( A )川が日本一だろ。完全な日本一とは言えないね。

 

トリコ:じゃあ、広さで勝負。(4)都道府県の中で一番大きいのは北海道。これは圧倒的よね。道庁がある( B )市で行われる雪まつりの雪像になるのが私の夢なの。あと、日本一広い湖と言えば、滋賀県の( C )湖よね。

 

トリ:俺は寒い地域より暖かい地域が好きだけどね。そうそう。温暖な地域にも日本一があった。( D )県は日本で一番小さな都道府県だ。(5)瀬戸内海は島も多いし、冬は温暖なんだよね。僕もSTU48みたいに船で瀬戸内海をまわってみたいな。

 

 問1 空欄の(A)~(D)にあてはまる語句を漢字で書きなさい。

 

 問2 下線部(1)の山の標高を洋数字で答えなさい。

 

 問3 下線部(2)について、世界遺産にもなっている以下の(ア)~(オ)の観光名所はそれぞれ何県にあるか。漢字で答えなさい。

——————————————

問題に「STU48」って出てくるのが、なかなかユニークです。

こういう問題だと、馴染みやすくて良いですね。

ちなみにメンバーの結果は以下のようです。

1位は94点で5月19日号で発表
2位阿部芽唯 86点
3位山本瑠香 85点
3位福地礼奈
5位佐藤朱 84点
5位高岡薫
5位下青木香鈴
8位舞木香純 82点
9位歌田初夏 81点
10位中野郁海 80点

おおぉぉ、こう言ったら叱られますが、はっつ!やりますねー。

ぺなは順当な気がしましたが、9人中7人が中高生!!

さすが中高生新聞ですwww

1位が誰か気になりますね。

さあ、誰でしょう!!

それでは、また!

今時stu48を信じている奴はアホ

あのSTU48オーディションをめぐる倉田園子脱退騒動以来、運営が公式サイトにてメンバーへの誹謗中傷に対する強い憤りをぶつけたコメントを発表したのを最後に音沙汰がなくなった。

残った一ノ瀬愛梨ちゃん、結城琉璃ちゃんのことがとても気がかりであった。

騒動から丁度1ヵ月となった昨日。公式サイトから発表があった。

銀玉Seven、解散。

それにしても理解に苦しむのは、現在その公式サイトは解散発表直後に閉鎖されていて覗く事は出来ないことだ。銀玉Sevenの動向をとても心配していた僕達に対して、これは不親切な行動ではないか。

僕はこの銀玉Seven解散を今朝、たまたま解散コメントを張った野次馬的ツイートを見つけて、知った。

更に愛梨ちゃんと琉璃ちゃんが解散に関するコメントを出すことを断ってもいるが、これもよく分からない。スゴイモヤモヤ感というものを覚える。

今思えば4月から新メンバーを迎えて4人体制の新生・銀玉Sevenがスタートする予定だったが、諸事情で新メンバー加入が白紙になった頃からなんとなく歯車が狂っていたような気がする。

僕自身銀玉Sevenを観たのは、先月のBINGOロコドルパーティーが最後になった。

twitterフォロワー数3人で3000というチャレンジ企画をクリアして、4月にCDリリースされることが決定したというのに、これも解散によってなくなった。

銀玉Sevenのユニークで可愛らしい楽曲たちをCDで聴きたかった。

特に一ノ瀬愛梨ちゃんはソロ活動していた頃からアイドル性を越えてスター性というものを感じていたので、このままフェイドアウトしてしまったは勿体ない逸材だ。

落ち着いたら、再びステージに立って欲しいと思う。

今回の解散、とても残念である。

以上。

PR

コメントは受け付けていません。