タグ:ルールの記事一覧

女性のためのゴルフレッスンDVD

ゴルフ初心者もすぐに上達する、横峰さくら推薦の「女性のためのゴルフレッスンDVD」

タグ:ルール

バンカーにまつわるルール

ゴルフには膨大な数のルールがあります。
とても全容を説明しきれるものではありませんが、ここでは、ほんのさわりとして、バンカーにまつわるルールだけをほんのいくつかご紹介しましょう。
まず、「バンカー内のルースインディペディメントには触れてはいけない」。
ルースインディペンデントとはなんであるか、理屈は難しいのですが要するに、自然にそこにあるもの、です。
落ち葉やどんぐりの実などです。
しかし、明らかに他のプレイヤーが持ち込んだようなもの、たとえばスナック菓子の箱やたばこの吸い殻が落ちていたら取り除いても構いません。
なお、ルースインディペディメントに触れてはいけないのは自分自身だけではなく、クラブさえもそうです。
ボールにヒットする前に落ち葉にクラブが触れたら、二打罰のペナルティを受けます。
なかなかにゴルフのルールとは恐ろしいものです。
「ボールが自分のものか分からなかったら、砂を掘ったり、ボールを取り上げて確認してもよい」。
ボールには、目玉といって、自分のものであるサインがあるのですが、砂に埋まっていたりした場合確認できず、万一他人のボールをショットしてしまっては大変ですので、周辺の砂を最低限掘って確認することが認められます。
ただし、確認ができる最低限度まで、と厳しく決められています。
なお、自分のボールだと思って間違って他人のボールを打ったら、やはり二打罰のペナルティです。
「バンカーが水たまりで池と化しているとき、それはウォーターハザードに準じるものとして扱われる」。
大雨の日の翌日など、ゴルフコースによってはこういう事態が起こります。
とてもバンカーショットどころではありませんので、ウォーターハザードと同じく、一打罰でバンカー外にボールを置くことができます。
ただしウォーターハザードと違うのは、この場合はアンプレアブル宣言も認められるということです。
さて、いかがでしたでしょうか。
バンカーにまつわるルールだけでも、実はまだまだいくらでもあります。
ゴルフは、奥の深いゲームなのです。

ゴルフのプレイ上のエチケット

ゴルフには、さまざまなルール外のエチケットがあります。
一人でホールを回る分には必要ありませんが、他人と一緒にゴルフをする場合はどうしても必要になることですので、実際にゴルフ場でプレイをする前に、必ず一通りのことを把握しておきましょう。
まず大切なのは時間に遅れないことですが、プレイが始まってからも当然、いろいろあります。
プレイが始まったら、どんなゴルフ場だろうと最初はティーショットをするわけですが、ここでまず大切なエチケットがあります。
ティーショットは、誰でも、心落ち着けて、静かに打ちたいものです。
まず、誰かがティーショットを打つとき、他のプレイヤーがティーグラウンド内に立ってはいけません。
ティーグラウンド外でも、プレイヤーの真後ろにも立つべきではありません。
気が散る人もいますので、ことティーショットは周辺での雑談も常識的に禁止です。
黙って待ちましょう。
周辺で動くのもよくありません。
ほかのプレイヤーがティーショットをするときに素振りをしているというだけでかなり失礼にあたります。
また、ゴルフボールは、小さいですが、実は当たると意外に危険です。
他人のいる方向、当たりうる距離にボールを飛ばすことを、打ち込みと言います。
まま起きることではあるのですがラフな行為として原則禁止されています。
まず、自分の前方、自分の飛距離で届きうる距離にほかの組のプレイヤーがいる場合、先に進むまで待つのがマナーです。
予定外の方向に打球が飛ぶなどして、その先に人がいる場合、すぐに危険を知らせるため大声で「フォー!」と叫びましょう。

アンプレアブルというルール

OBやウォーターハザードに似ていますが、発生する頻度ではずっと少ない現象、というか厳密にはプレイヤーに与えられたプレイ上の権利のことなのですが、そうしたものに、アンプレアブルがあります。
アンプレヤブル、アンプレーアブルなどとも書きます。
原語はUnplayable(プレイできない、という意味)という英単語ですので、どれが正しいとかはありません。
アンプレアブルは、フェアゾーン内ではあるがどう考えても打つことができない、たとえば、コース上の木のうろの中にボールが飛び込んだとか、枝の上に乗っているとか、そうした場合に宣言することで、ウォーターハザードと同じく、OBの二打罰と違い、一打の罰で打ち直しをすることができるという規定です。
誰でも、いつでも宣言することができます。
どう考えても普通に原っぱの上にあって誰でも打てるはずである、という状況でも、ルール上は宣言することができますし基本的には他人のアンプレアブル宣言にケチをつけてはいけません。
ただし、ティーショットの場合には当然できないのと、あとひとつ、ウォーターハザード内に自分のボールがあることが確認された場合には、アンプレアブルの宣言ができません。
アンプレアブルについてひとつ重要なのは、「ちょっとだけホールに干渉すれば」球が打てるようになる、という場合です。
木の枝の上にボールがある場合、幹を蹴れば落ちてくるかもしれませんが、そのようなことはゴルフにおいて極めて重大な反則行為とみなされます。
(ボールのそばにある丈の長い雑草を足で踏む、程度のことすら厳密には禁止されています)
風が吹いてボールが落ちてくるのを待つわけにもいきませんので、諦めて素直にアンプレアブルを宣言しましょう。