タグ:パターの記事一覧

女性のためのゴルフレッスンDVD

ゴルフ初心者もすぐに上達する、横峰さくら推薦の「女性のためのゴルフレッスンDVD」

タグ:パター

アイアンについて

ゴルフにおいて、ドライバー、パターについで重要な位置づけを占めるクラブが、アイアンです。
文字通り鉄でできていて、中距離を正確に狙うためのクラブですね。
ほんとうはドライバーとアイアンとパターのほかにも、フェアウェーウッドですとか、ユーティリティーですとか、いろいろなクラブがあるのですが、基本となるのはやはりドライバーとアイアンとパターの三つですので、初心者のうちはこの三つから理解していくようにしましょう。
アイアンを選ぶ際に、特に重要な要素のひとつが、重さです。
まったく同じサイズのアイアンでも、大雑把にいって三種類の重さがあります。
それはヘッドではなくシャフトの部分の材質で決まります。
カーボンシャフト、軽量スチールシャフト、重量級スチールシャフト、の順で重くなっていきます。
基本的には、アイアンは重い方がいいというのが鉄則なのですが、特に非力な女性などが、無理に重いアイアンを使っても、まともに振りぬくこともできない、正確なスィングができないのではさすがに意味がありません。
より正確に言うと、「自分が使いこなせる範囲で、一番重いアイアン」を選ぶことが理想です。
ですが実際には、今日のアマチュアゴルフの世界では、軽すぎるアイアンを使っている人が多いです。
ゴルフにおけるパワーは、ヘッドスピードによって測ることができるのですが、目安として、ヘッドスピード40m/s以上の人は重量級の、38m/s以下の人はカーボンの、そしてその中間の人は軽量スチールのアイアンを使うとよいでしょう。

パットの選び方

パッティングに使うゴルフクラブをパターと言いますが、パターを選ぶのは難しいです。
どのくらい難しいかというと、プロでも悩むくらい難しいです。
そもそもゴルフにおいてパッティング自体が難しいのを、少しでもやりやすくなる、正確なパッティングができるパターを選ぼうとするのがパター選びなわけですから。
基本的な前提として、「誰が使っても最高の性能を発揮する神器のようなパター」は存在しません。
なぜなら、神様がゴルフをするならいざ知らず、ゴルフをするのは人間であって、人間の個性はひとそれぞれだからです。
そもそもクラブの構え方、スィングの仕方、人によってみんな違います。
上手下手というだけの問題ではなく、重心のかけ方、構えの角度、その他もろもろ簡単には言語化できないような物理学的要因まで、人によって千差万別である、ということです。
パターの場合、よっぽどの安物でもなければ、「どういう人が使うことを目的として設計されているか」がみな違います。
それぞれの設計意図がある、ということです。
パターの場合重要なのは、自分なりの自然体で構えたときに、フェース(ボールに当てる面のこと)が狙った場所を向くパターを選ぶこと、です。
と、言えば簡単ですが、実際のところアマチュアのゴルファーで、自分に合ったパター選びができているという人はほとんどいません。
高いクラブを買えばいいというものではありませんし、また、同じブランドでドライバーからパターまで一式そろえる、というのは、ステータス感覚はともかく成績向上の面からはおすすめできません。
ドライバー選びとパター選びはまったく別の作業です。
あくまで、それぞれにおいて、自分に合うものを探さなければならないのです。