タグ:スポーツの記事一覧

女性のためのゴルフレッスンDVD

ゴルフ初心者もすぐに上達する、横峰さくら推薦の「女性のためのゴルフレッスンDVD」

タグ:スポーツ

ボールが遠くに飛ばないあなたへ

ゴルフは年を重ねてもできるスポーツのひとつです。
中高年から始めるという人はざらですし、老人といわれる域になってもプレイを続けているアマチュアはいます。
ただし、当たり前ですが人間誰しも加齢によって腕力は衰えていきますので、年を取るほどボールは飛ばなくなります。
そもそもなぜボールがスィングで遠くに飛んでいくかというと、単に弾き飛ばされて遠くに行くからではなく、ボールにバックスピンがかかっている(空中で回転しながら飛んで行っている)からなのですが、スィングに十分な力がないと、つまりヘッドスピードが不足していると、バックスピンが十分にかからず、飛距離が伸びません。
これは非力な女性や、子供の場合でも原理は同じです。
ただし年配になると、飛距離は出ないけどスライスやフックは減った、という人がよくいます。
上達したからではありません。
いや、上達している場合もあるでしょうが、基本的に、バックスピンがあまりかからないくらい非力なショットであれば、サイドスピンすなわち横方向の回転によってスライスやフックがかかる力も減りますので、当然、ボールはまっすぐにしか飛ばなくなるのです。
ドライバーの飛距離が170ヤードを切るくらいの人は、腕立て伏せをして腕力を鍛える……というのは、子供ならいざ知らず高齢者の場合現実的ではありません。
ですが、バックスピンがかかりやすい、ロフト角が12度以上あるドライバーを選びましょう。
理想は15度ほどなのですが、日本国内の市販のドライバーにはほとんど存在しませんので、海外から取り寄せて買うほどの財力があるのでもなければ最低12度が目安となります。

ゴルフの最低限のマナー

ゴルフは紳士淑女のスポーツです。
ゴルフを始めるにあたって、最初にするべきことは、試しにゴルフ場に行ってみることでもなく、クラブを手に入れることでもなく、打ちっ放しで一人で練習をすることでもなく、最低限の、ゴルフをするにあたって誰もが知らなければならない、基本的なマナーを理解することです。
ゴルフは審判の存在しないスポーツです。
マナーを守らないからと言ってプレイに参加できなくなるということはありませんが、同行するプレイヤーに不愉快な印象を与えることは、下手なプレイをするより、またうますぎるプレイをするより、はるかにやってはいけないことです。
まず、服装の問題があります。
ゴルフコースは、スポーツクラブではなく、社交の場である、と心得てください。
Tシャツでコースに降りてはいけません。
必ず、襟のあるポロシャツを着るのがマナーです。
また、ジーンズも適切でなく、スラックスが求められます。
女性の場合も、襟付き、袖付きの服を着なくてはいけません。
次に、「自分のゲームに夢中になりすぎないこと」です。
ゴルフは基本的に、成績は自己申告するものですからワンプレイごとに他人のジャッジなどなく、一人でゲームを進めていくことのできる性質のものなのですが、だからといって一人で勝手にどんどん先へ進んではいけません。
みんなで使うカートがありますので、それが居るべき場所の基本になります。
ほどほどに進んだら、基本的にはそのとき一番先にボールを飛ばしているプレイヤーが、カートを運転していかなければならないのです。