ゴルフホールには必ずグリーンがあります。
野球場にバッターボックスがあり、サッカー場にゴールが二つあるのと同じことです。
無いとゲームが成立しませんので。
さて、グリーンには専用の芝が敷かれており、その芝の目を読んで、パターでパッティングをしてボールを転がしてカップに入れる、というのがゴルフの基本的な進行であるわけですが、グリーンの芝はたいへんデリケートなものです。
まず、ボールが飛んできてグリーン上に落ちただけで、グリーンはすぐへこんでしまいます。
これをボールマークと言います。
ゴルフにおいて、ホールに人為的に手を加える行為のほとんどは反則なのですが、ボールマークだけは誰がいつ直してもいいことになっています。
そのために使う、グリーンフォークという道具もあります。
ただし、スパイクでグリーンに入ったときにできる跡、スパイクマークはそのグリーンでのプレイが終わるまで直してはいけません。
全員がそのホールを終え、次のホールに移るときに直しましょう。
特に、スパイクを引きずってグリーンに傷をつけるようなことは最初から避けましょう。
また、ラインが変わってしまう危険性がありますので、特にカップ近くの芝は、極力踏んではいけません。
旗竿の抜き差しをしたり、カップからボールを出す際、カップに近づかないわけにはいかないのですがこれも重要なマナーなので、気を付けましょう。
なお、テレビ中継でプロゴルファーがよくグリーンの芝をにらんでどうパッティングするかを長考する行為、あれを「ラインを読む」と言いますが、テレビに出るようなレベルのプロの真似をしてアマチュアゴルファーがグリーンのたびに長考していたらいくら時間があっても足りませんので、身の程というものを考えてほどほどで切り上げましょう。