ドライバーを打つ場合も、アイアンを打つ場合も、やることはスィングです。
パターはさすがに違いますが、ドライバーとアイアンでは基本的な動作は同じです。
基本的な動作が同じですので、同じように振ったときに、どちらも適切なスィングになってくれるようなドライバーとアイアンをそれぞれ選ばないと、ドライバーはうまく打てるけどアイアンは苦手(男性に多いです)、あるいはその逆で、アイアンはうまいけどドライバーは下手(こちらは女性に多い)、ということがまま起こります。
理屈で言うと、ネック軸周りの慣性モーメントの数値が同じくらいでないとよくありません。
もうちょっと分かりやすくいうと、要するに、ドライバーが大きいならアイアンも大きいのを選び、同じく小ぶりなドライバーならばアイアンは小さいものを合わせろ、ということです。
そうでないと、ヘッドの返るタイミングが揃いませんので、スィングに悪影響が出てしまうのです。
もっとも、プロのゴルファーには、大きなヘッドのドライバーにプロモデルの小ぶりなアイアンを合わせるような人もいます。
ドライバーが大きいほうが左にボールが捉まるリスクは減りますが、アイアンの場合は、小ぶりなほうが、ドロー(スライスに似ているのですが、これは、意図的にボールを右に曲げることで、本質的には大きく違います)やフェード(同じく、意識的に左に曲げること)が狙いやすいからです。
ただし、それは相応の力量があればの話です。
そもそもアマチュアレベルで、ドローやフェードをそうそう狙って打てるものではありませんので、別の世界の話だと思っておきましょう。