ゴルフの基本となるクラブは、ドライバーです。
大きなヘッドでボールを振りぬいて遠くまで飛ばす、一番派手なクラブですね。
クラブの先の部分、これをヘッドと呼びますが、大きさは一定ではありません。
ヘッドが大きい、あるいは大きく感じるドライバーを。
専門的には「投影面積が大きいヘッド」のドライバーであるといいます。
当たり前ですがヘッドが大きいほうが、とりあえずボールには当てやすいです。
身もふたもないことをいうと、下手であればあるほど、ヘッドが大きいほうが、多少はミスショットが減り、遠くまでまっすぐ飛びやすくなります。
ただし、じゃあ誰でも大きなドライバーを使えばいいのかというとそんな簡単にはいきません。
ある程度以上技量が上がってくると、今度は、ヘッドが大きいと、物理的な理屈は難しいのですが結論からざっくり言うと、ボールがスライスして右方向に飛びやすくなります。
また、飛距離の伸びも悪いです。
特に、スライスしやすい癖のある人は、大きなヘッドのドライバーは避けた方が無難です。
ただ逆に、フックしやすい癖のある人は、右に補正がかかるということになりますので、大きなヘッドを使い続けることもひとつの選択肢ではあります。
しかし一般論からいって、ドライバーの場合、フックする人よりスライスしてしまう人の方が多いです。
スライスの発生を抑えるためには、やや小さめのヘッドの、フェース面(ボールに当たる部分)が左を向いた(フックフェースと言います)ドライバーを選ぶとよいでしょう。