ゴルフでOBについでよく起こるルール上のミスが、ウォーターハザードです。
池や川など、ホール内に最初から存在する、水場の中にボールが落ちることを指します。
なお、砂場にボールが落ちるバンカーというのもありますがこれは厳密にはルール上のミスではなく単に打ちにくい場所にボールが落ちたという状態を指すだけですのでここではおいておきます。
なお、ホール内の水場、そのもののことをウォーターハザードと呼ぶ場合もあります。
また、ウォーターハザードは、厳密には水中ではなく、「そのゴルフ場のそのホールで、ウォーターハザードであると指定されている領域(色のついたマーカーで示されています)」に球が落ちた場合を指します。
明らかにどこにも水などない場所をなぜかウォーターハザードに指定しているゴルフ場もあります。
ウォーターハザードは、OBに似ているように見えますが実は大きく違います。
まず、「本人が打てると思うなら」水中のボールだろうが何だろうが、そのまま打っても構いません。
ただし、からぶったら当然それで一打として計算されますので覚悟の上で。
水中ではないウォーターハザードゾーンにボールが落ちた場合はプレイ続行もよくあることです。
さて、球が明らかに水中にあると確認でき(それが自分のボールであると確認できない場合はボールロスト、OB扱いですので注意)、プレイ不可能と判断した場合は、既定の場所にボールを置き(どこに置いていいかはルールがありますが難しいので、初心者のうちは同行のベテランに説明してもらいましょう)、一打のペナルティを受け、プレイを再開することになります。