ゴルフのスィングにおいて、ボールが右に逸れていくことをスライス、左に逸れていくことをフックと言います(サウスポーであれば表現が逆になります)。
さて、一般的には、スライスしやすい人とフックしやすい人、という両者に分かれます。
どちらが多いかといえば日本人の場合スライスしやすい人の方が圧倒的に多いです。
ただし、特に初心者のうちは、左にも右にも曲がる、ということがまま起こります。
理由は何でしょうか?
下手だから?
まあ、それもそうです。
単純な問題として、どんなクラブを使おうが、プロがスィングをすれば打つたびに左や右に飛んで行くなんてことはまああまり起こらないでしょうから。
ですが、じゃあ上達するようにスィングの練習をすればいいのか?といえば、それだけの問題ではない場合があります。
スライスもフックも起こりやすくなる、原因となる要因があります。
それは、シャフトの硬度の問題です。
具体的には、シャフトが柔らかすぎると、ちょっと振りすぎただけでシャフトがしなってボールがスライスし、逆に手加減するとフックしてしまう、ということが多々起こります。
この問題は、市販の安いゴルフクラブにおいて特に顕著です。
単純に言ってしまうと、安物の、普及品のクラブは、シャフトが柔らかすぎるものが多いのです。
別に材料費をケチっているとかそういうことではなく、柔らかい方が振りやすいので非力な初心者向けではあり、そしてゴルフ用品のメインターゲットは高齢者であるからです。
特にレディースのクラブは、いくら女性が使うにしてもこれではあまりにも柔らかすぎるというものがよくあります。
もちろん硬いシャフトのクラブを使えばそれでよいという話ではなく、自分が振りやすい範囲での、適切な硬さのクラブを選ぶことで、スライスやフックを減らすことができるということです。