長期保有が最終的に高財産へ変化することも

PR

Pocket

投資というのは、ある程度で見境を付ける必要があるのは事実です。

そういったことから、デイトレードなどは利口で賢い戦略と言われている部分もあります。

しかし、以前までは長期保有が最も一般的でした。

おそらく、年配の方などは未だに保有しているがチェックしていないということも。

今の時代は、両立が最も良いとされると考えさせられる部分もあります。

自然から予期しない問題、不祥事、海外情勢などで大きく変化する時代での対処方法は、やはり同時株の投資手法を使い分けることも重要ではないでしょうか。

決して同時株ではないといけない訳ではなく、手法を何通りも行う必要はある時代になりつつあるのです。

いわゆる、1日、週間、月間、年間などで手じまいすることも必要になってきました。

株数による1円運用なども同じですね。

大量の株数を1円上がったら即売りするというのも、一種の方法だと思います。

この不安定なご時世の中、最も安心なのはその日で手じまいすることなのかもしれません。

しかし、ゆとりを持てる状態で保有できる資産もあるのであれば、少量でも長期保有することをオススメします。

ある一つの例なのですが、1000株を100円台の時に保有していた方は、何気なく持ち続けていることで、他の取引ばかりしているうちに忘れてしまっていたと言っていました。

数年後、テレビでも紹介される企業になり、業界では注目されるくらいに成長した会社になった訳ですが、その時に購入しようとして保有していることに気がついたのです。

確認した時点では、1500円台。

つまりは、この時点で10万円の投資が15倍の150万円だったということです。

銘柄をしっかりと調査した上での長期保有ならば、おそらく更なる投資をしていたことでしょう。

PR

コメントは受け付けていません。