スイスフランが上昇気流

PR


現在、スイスフランに投資家たちが大変注目をしているようです。

中東の問題が横棒状態の中、急上などはしていませんが、ジリジリとグラフを上昇気流に乗せていると注目されています。

インフレ抑制、リスク回避などから、避難通貨とも称され比較的取引が行いやすい通貨ですので、変動も大幅にはありません。

これと同時に、ユーロにも注目が集まっています。

個人的には、この政策金利問題などの影響を受けやすい、ユーロ、スイスフランが今の一押し通貨と感じているのですが、注意は必要なところでもあります。

特にユーロについては、トリシェECB(欧州中央銀行)総裁のコメント「トリシェショック」による影響が高く、ドルにも影響している状況です。

急上が見られるあまり、高値追いをする方がいっらっしゃいますが、これは避ける方が賢明ではないでしょうか。

現段階での予想は、約1.5ドルという想定がされていますが、これまでの傾向で考えるならば越えられない壁により抑制されると予想されます。

個人予想ではありますが、1.39ドル辺りが限界予想と思っていますので、やはり高値追いは避けるべきと考えています。

ただし、スイスフランに関してはより注目をしていただきたい。

ドルの動きにより、越えられない壁を超える場面がある時には、必ずといって良いほど上昇があります。

今後の展開が大きく左右するとは思いますが、賢明で手堅い投資ならばココは外せないのではないでしょうか。

あくまでも私の見解ですが、視野に入れておくのも一つでしょう。

PR

コメントは受け付けていません。