マーチャンダイジンングの必要性

PR

Pocket

マーチャンダイジングという言葉がビジネスの世界では多々使われます。

マーチャンダイジングは特に流通業界、小売業界で使われています。

一般的には、商品計画、商品化計画と訳されます。

意味合いとしては、商品の購買層や時期、数量や価格などを検証、仕入れや管理を行うことを指します。

商品の品揃えや在庫管理の面が業務として大きくピックアップされますが、実際はもっと奥深い意味を持っています。

品揃えを決定するにも多くの要素が絡んでくるため、そのための「情報収集」もマーチャンダイジングには必要になります。

物品を提供しその対価で利益を得ている小売業に置いて、マーチャンダイジングは必要不可欠になります。

当然顧客の求めている品物を確保できないと、利益もあげられないでしょう。

もちろん、商品を「売り込む」プロモーションも必要ですが、適正な在庫を確保する企画、すなわちマーチャンダイジングがないと顧客満足に繋がらないでしょう。

顧客満足を想像することは、小売業のみならず、サービス業、金融業、しいては製造業にも必要な大きな要素です。

マーチャンダイジングの考えは業種問わず、営利を目的とした企業に置いて必要と言えます。

PR

コメントは受け付けていません。