合同会社の特徴

PR

Pocket

この何年かの間に合同会社という会社の形態を聞いたことはありませんか?

合同会社というのは、2006年5月の会社法の施行に伴って、有限会社が廃止になったことで有限会社に代わって増えてきた会社の形態なのです。

合同会社というと世間一般の認知度が低いために、株式会社と比べると信用度もまだまだ低いのが難点です。

しかし、合同会社の特徴として、その会社に属するもの全員が有限責任社員ということがあります。

ということは、他の会社形態よりも一人の抱えるリスクは少なくて良いということになります。

また、社員がたった一人でも合同会社を設立することが可能なんです。

そして、合同会社は株式会社などとは違い、重要な決定事項も社内の意見で決めることができるので、早期に決定することもできるのが良い点もあります。

その反面、意思の相違があると揉め事へと発展し、収拾が困難になることもありますが・・・。

では、どんな人でも合同会社で設立した方が良いのでしょうか?

合同会社は、会社を設立したいと考えている人の中で初期費用・設立費用があまり用意できないという人にとっては向いている会社形態です。

やはり、設備投資に多くのお金が必要となる場合は合同会社は不向きです。

そして、ネットが主流となっている今の時代、ネットビジネスを扱う場合も合同会社として設立する方が良いようです。

しかし、注意が必要で、意思疎通が確実に行え信用のおける人と設立するということ。

設立後しばらくは、銀行などでの融資を必要としない状況を作っておくことが大切です。

多額の資産のある人だけが会社を持てるのではなく、小額でも自分の会社を持てる時代が今やってきました。

合同会社という新しい形態を利用して、自分の会社を設立することももう夢ではありませんね。

PR

コメントは受け付けていません。