人気のファンシーを楽天市場で格安検索

PR

Pocket

ファンシーは見た目が9割

ガールちゃんさ今まではさお誕生日もクリスマスもお年玉も

人形人形人形合間に人形の家人形の家人形の救急車
もうやめさない!って言ってもさ全然やめなくて

ほかの買う!て行っても結局お人形選んでさ

リカちゃんやらめるちゃんやら大量にいてさ家も何軒もあってさ小物散乱するしさ
でも今年はね
小さいリュックがほしいんだって。
小学生女子で流行ってる何もはいらんやんけなリュックが

お母さん大嫌いなファンシーショップにならんでるから
ステキなの選びたいんだって

クッソさみしいまさに親のエゴ。
やだー
かわいいガールちゃんが~(ノД`)
小憎たらしいギャルに成長していくよ~!
リカちゃん買えよう~!


我が家はですね
基本プレゼントは両家の祖父母からです。
毎年田舎から送ってもらうんだけど

ガールちゃん選びたいみたいやし

祖父母そんなんわからんし

今年はお金が送られてきます。
それを持って買いに行くのですが
お母さんほんとはポイントタウン経由で買って楽天ポイントもためたかった。

はい親のエゴ②。

でも選びたいっていうし~

行かなきゃ鬼だし~←なんせ報告義務あり
仕方ないから行くけどさー
せめて楽天ポイント貯めたいんだよね~
カード払いがいいのかしらね~
でも私さあ

ガソリンとネットショッピング以外でカード使ったことない

んだよね~。

おしゃれにカード払いできるやろか。
挙動不振なって怪しまれへんやろか。
もうちょい考えましょうかね。

ファンシーでわかる経済学

Kさまです
 
質感もラインの特徴も
ザ・ストレ-トでらっしゃいます

幅・縦のバランス良好

お顔は大人っぽさより、キュートな可愛らしさ
カラーもスプリングの華やかさを引き込みます

「コンサバでかわいいもの
(ふんわりスカートやパフスリーブ、ファンシーツイード)
が好きでしたが、
体重増加と共にここ数年違和感があり、
何を着てもしっくりきません。」

お顔、そして、語り口からも感じられる
Kさまのキュートさ
近しい方々のKさまのイメージは
そこに集約されてらしたかと思います

ご自身もそれを感じれば
コンサバでかわいいもの
へ向かわれるのも頷けます

けれど、年齢を重ねれば
Kさま本来の持ち味が
声を上げ、
そこに違和感も出られたかと

本来のKさまの持ち味は
脂肪の作る柔らかさ、弱さでなく
筋肉のハリが作る、リッチさ、強さ
可愛い テイストが
ちょっと違う に繋がります
「色味をシックにすれば
収まりが良くなるかと
トライしましたが、地味になっただけでした。」

カラーはスプリング
デザイン甘く、色みは地味に
ここが結構な落とし穴かと

「ならば、いっそのこと路線変更をと思い
タイトスカートやスティックパンツにしてみたら
友人から「痩せた?」と聞かれ、
嬉しいような、そうでないような
複雑な気持ちになりました。」

まさにストレートへの路線変更
スタイルアップされたのが伺えます

この辺りから
お話を進めさせて戴ければと思います
良く触れさせていただきますが
ストレ-トの方、前後に凹凸がおありです
凹凸に沿わず、上からストンと落とすと
その前後の厚さだけを拾ってしまう

 
一番、細さを感じる青の線を見せる
余分な赤で囲った部分を取る
このお写真が分かり易いでしょうか
きちんとウエストを出せば
実はこれだけ細くてらっしゃる

こちらのお写真も
分かり易いかと

ストレートワンピースの
試着時のお写真

 
フンワリで落とすと厚さだけ感じる
きちんと凹凸を見せれば
高い位置を高く、
くびれた個所はくびれ
スタイルアップされます
その凹凸を覆うのも
柔らかい、薄い、伸びる、素材だと
リッチな肉感を拾ってしまう
ハリ感とフラットな生地で
立体的に硬く覆う
 
before       after
双方ともオリジナル写真

ストレ-トスタイルで
ピシっと決まられます

     
「年齢的にも専業主婦という生活スタイルにも、
もう数は必要ないですし、
残念ながら流行に飛びつく気力も、
セールに参戦するパワーも無くなりつつあります。
本当に似合う自分のスタイルを確立して、
ビジュアルもクローゼットもすっきりさせたいと
考えるようになりました。」

スーツと言うスタイルは
ストレ-トの定番ではありますが
生活スタイルによっては
余り馴染みのないモノの方もいらっしゃいます

クローゼットを整理して戴く為にも
シンプルに必要なものを揃えて戴く
その参考になりそうなアイテムを
お召戴きました

 
 before     after1       after2       after3

1 シャツワンピースとパンツ
パンツの長さは流行を優先
ウエストライン、若干下目で

2 カシュクールワンピース
タックで作る立体感でなく
カシュクールで上手く凹凸を見せる

3 Vニットとタイトスカート
(こちらは形がラフだったので
きちんと感へ合成を加えました)
凹凸を厚みのままで包まず
そのメリハリをきちんと見せる
包む素材はハリ感で
『Theストレート』と言われ、
「やはりそうだったのか」と納得しました。かわいいお洋服を着ているのに、
それを着た自分はかわいくもならないし、
もっさりしてしまう。
ラフにしたつもりがなんだかだらしなく感じる。
しかも後日、写真の自分を見て
「こんなはずじゃなかったのに」と思っても後の祭り。
これらの違和感は、
骨格のテイストに合っていなかった
からだったのですね。
「遅まきながらも
気づくことができて良かった!」 
と思いつつ、
今までの「残念な私」の負の遺産とも言える、
残念な私を形成していた大量の物と向き合うのは、
かなりの労力と根気が必要な気がします。
大丈夫か?私。」

大丈夫です^^
少しずつ、1つずつ♪

Kさま、卒入のスーツ
上手く選別お進みでしょうか

また、何かありましたら
どうぞご遠慮なく
メールなど下さいませ♪  
お写真・メールはご本人様の了解を得て
掲載させて戴いております

2014年3月の個人診断募集の日程
HPにてご案内させて戴きました♪ 

PR

コメントは受け付けていません。