ファンシー盛衰記

PR

Pocket

ゾウさんが好きです。でもファンシーのほうがもーっと好きです

ファンシーで人生が変わった

脱衣所も浴室も、お人形やファンシーな飾りつけがいっぱい。まるで昭和女子のお部屋のようなラブリー銭湯。日曜日は朝湯もやってるよ。場所
盛岡市茶畑2-14-13盛岡駅ひとつ隣のJR仙北町駅下車。明治橋を渡りユニバース(巨大スーパー)を横切ると町屋が並ぶエリアに出る。そこからひたすら川と反対に進むと茶畑町だ。レンガ色の煙突が見えてくる。寄り道せずだと徒歩20分くらいかな。営業時間 14時~22時 日曜日は8時~11時朝湯も営業。嬉しいネ。定休日 月曜日 14時の口開け前、並んでるお客さんは数人、うち女性は1名。事前に撮影許可が貰えたので相客さんに迷惑がかからぬよう入店すぐカメラを出す。けげっ!隅っこから別のおばあちゃんが全裸で飛び出してきた!!うーー中で待ってたのかwたまたまお二人ともカラスの行水で湯上り後に撮影は敢行できました。 受付 番台形式濡れたもの持っての移動は大変だろうから、タオルはウチの使いなさい、と言って下さる(嬉)番台でタオル・石けん貸していただきました。 浴室子供客への配慮だろうか、カエルやアヒルのおもちゃが所狭しと飾られている。タイル絵もおとぎ話モチーフ。女湯は鯉の背中に乗った金太郎、と言うワイルドな構図だ。 前方後円墳型浴槽。ふちの腰掛け部分が細く、おしりが半分しか乗せられないw先端のアール部分が仕切られ、ぬる湯になっている。熱い方で42℃。 浴室隅には装飾コーナーがスヌーピー、タヌキ、アンパンマン…お人形ミクスチャーだわ。 壁面カランのみシャワーあり。桶は黄色無地で入口付近ではなく棚の上に積まれてる。こんな感じに浴槽が彩られていると、子供はもちろん、お人形好きの大人も嬉しくてしょうがない 水飲みの蛇口は保健所からの指導で使用禁止にしたそうだ。 脱衣所壁面いたる処に猫と犬のポスター、写真、ポストカード。キューピーのお洋服はリサイクル。アナログ体重計に捉まるおサルさん。おむつ台、ラブリーな足ふきマット。脱衣所で、男湯カナリア、女湯は文鳥を飼っている。文鳥の名前はポポちゃん。鳥かご上のグリコアイス広告に釘付け。百恵ちゃんはさておき三浦友和さん。現在の温厚そうな雰囲気とはうらはら、若かりし頃のキリリとした眼差しにびっくり。 グリコフロート80円、パピコやジャイアンツコーン60円だって。アイス冷ケースまで。菊の湯さん店内はいたる所ぜーーんぶ可愛いのであった。 なると的評価
菊の湯さんは最強のお人形銭湯なのであった。銭湯におけるお人形度は、荒川区の黄金湯をも勝る。女将さんのお人柄に癒されお人形に癒される、なると的ベスト銭湯。

PR

コメントは受け付けていません。