大喜利激安メーカーショップ

PR

Pocket

大阪で大喜利が流行っているらしいが

右が好き?

まぁ、ブルゾン右の人だったら

高級ホテルより

どっちかっていうと今ならまだ

私が吉牛おごる感じになりそうですがww

とりあえず

何か素敵なモノが来た時の

私の思考回路はだいたいこんな感じです。

受け取り下手、というか

自分の中での

ハードルが高いのか。

イラストの仕事にしても

普段の自分を見て依頼をもらったのに

お金を貰ったとたん

勝手に技術コンプレックスや

デッサンコンプレックスを発動させ

自分の思う

「お金を貰えるイラストレーター」

レベルのものを描かなくては!

その値段に見合ったモノを描かなくては!

と勝手に頑張る。

頼んだ方からすれば

いつも作ってるカレーが美味しそうだから注文したのに

何故かそばが出て来た

みたいな感じで迷惑だと思いますww

あ、これって結局

「存在給が低い」って事なのかなぁ~~。

自己否定感や劣等感とも言える。

後は罪悪感とか。

存在給が低いと

何かが来た時に

それでいちいち自分を測ったり

(これを得れたから自分はOKとか)

受け取った後に失う

(イケメンなら浮気される、とか

仕事ならダメ出しされたり外されたり)

事が怖いから

(失ったから自分はダメ)

受け取れなかったりするのかなぁ。

・・・・あ、存在給の上げ方ですか??

人の事までは分からないので

さんのブログをお読みください♪(笑)

何が与えられても与えられなくても
 
「わたし」
 
という存在は何も変わらないけど
 
何かに恵まれた時は
 

「あ、私ってこんなの貰えるんだーラッキー☆」

と、

ラーメン屋行った時に

「あ、このお店火曜日定休日なのね」

「しょうゆラーメンは780円か」

と知るような感じで

ちょっと教えてもらうような感じで

軽く

カズレーザーのごとき軽さで

受け取って行きたいなぁ

思う

どっちにしても

「自己否定感や罪悪感を解消して

受け取れる私になってから」

受け取るんじゃなくて

「ほんとは」欲しいなら

今のまま

めっちゃザワザワぐわぐわしつつ

受け取ってくだけだと

思います

太ってるから

釣り合わないから

私なんかには部不相応

捨てられたらどうしよう

もっと痩せてから

もっと〇〇してから

もっと〇〇できるようになってから

・・・で、ほんとは

どうしたいの?

 

◆重版出来!大好評発売中

表紙&中のイラスト・漫画を描かせて頂いてます?

子供が居るから、お金が無いから、太ってるから、もう年だから・・・

「で、ほんとはどうしたいの?」

◆ご購入は

【追記】

つづきはこちら!

※この記事の文章・画像は

シェア貼りつけ自由です☆

◆募集

◆マンガ記事一覧 

ブログ内のマンガ記事だけをまとめて読めます♪

 

◆人気記事一覧

マンガ以外の人気記事をまとめて読めます♪

いいね!コメント・リブログ・メッセージ

いつもありがとうございます^^?

なかなかお返事出来てませんが

嬉しいです^^

やる夫で学ぶ大喜利

ぢんさん、初めまして。最近ブログ読者になった者です。
今、過去記事をずっと読み続けていますが、質問があります。

現在求職中で、あちこちに履歴書を送っている状態ですが、


私が一番やりたい事って本を読んだり
ゲームをしたり旅行をしたり、って遊ぶ事なんですよね。

でもいくらなんでもそれじゃ家賃も払えないし、

ご飯も食べられないじゃないですか?

実際今は「やりたくない」事、

貯金を崩して生活しています。

この間のブログ



を読んでみて、じゃあ私にとってありえない事、って何なんだろう? って。
銀行からお金を借りる事? ちょっと違う気がします…。

フリーで仕事をしているのですが、

「嫌な事は全部止めてみる」の一環として、


今までよく仕事をもらっていた
大企業の担当者に


「仕事ありませんか?」ってメールを出すのを止める事にしました。


担当者の人のえこひいきにも嫌気が指しているし、

人のミスの尻拭いばかりさせられるのにも
ウンザリしているから(笑)。



いや、仕事の割には時給が破格に良かったんですけどね~。

遊ぶ事が一番好きですが、

実は仕事をして褒められるのも大好きなんですよね~。


だから褒めて伸ばす上司の下でガンガン仕事をしたい、

それで給料をもらって


空き時間に本を読んだりゲームをしたり、っていうのが

理想的な生活なのですが、


私にはお金持ちの不倫相手も会社の社長の
知り合いもいない。

他の人を必要としない「好きな事」をやっていて、

どうやって生活を成り立たせられるんでしょうか?


自分ではお金に対するブロックはない、と思っているのですが、

やっぱりあるから欲しいお金が入って来ないのでしょうか?

…なんて「しらんがな!」って一刀両断されるだけかな(苦笑)。

とりあえず過去のブログを読み進めて行きますね~。

—————————————-

好きなことでは食っていけないし

わたしにはお金をくれる不倫相手もいない

仕事もない

色んな例を挙げて説明していますが、

どれをとっても

「わたしには、それ(例に挙げたもの)はない」

と、いう答えに行きつきます。

そう、

どんなひとの例を挙げても

「あのひとだから」

という答えに行きつくわけです。

ここに答えがあるのに気付かないでしょうか。

そう

「わたしだから」食っていけない

「わたしだから」好きなことで食っていけない

「わたしだから」助けてくれる人はいない

「わたしだから」

理由、これだけです。

だって、

「あのひと」がうまくいったのは

「あのひとだから」なのだから

「わたしが」うまくいかないのは

「わたしだから」なのです。

もうすこし掘り下げてみます。

そんな「わたしだから」のひとに

じゃ、これはあるよね、と言っても

「でも、ダメです」と「必ず」言います。

「それだけじゃダメなんです」

「それじゃダメなんです」

え? なんで?

「だって、わたしだから」が

裏に貼りついているから

どんな条件で

どんな才能で

どんなにめくぐまれていても

それを逆手にとって

「それだけがあってもしかたがない」

という答えに「しか」たどり着かないのです。

だから

今まで何度も何度も

手を変え品を変え例を変え

本にブログに講演会に

伝え続けても、

耳ギョーザです。

まったく耳に入らない。

それは、根っこに

「だって、わたしだから」が

こびりついて離れないから、

どんな好条件があっても

どんなに恵まれていても

「だってわたしだから」で

受け入れようとしないのです。

で、訊くよ。

「どんな」わたしだから、うまくいかない?

そこ、

その、

バカな

思い込み

捨ててしまえ。

「捨てられません」

うん、それ持ってたほうが

傷つかなくて済むからね。

それ持って、チャレンジしないほうが

安全だからね

それ持ってた方が

失敗したときに言い訳になるからね。

「こんなわたし」

「こんなダメなわたし」

「こんなかわいそうなわたし」

「こんな恵まれないわたし」

だから

「こんな現実がお似合い」で

「こんな結果がちょうどよくて」

「こんな扱いを受けるぐらいでちょうどいいのよ」

というひとに

いくらうまくいく方法を伝えても

耳ギョーザです。

この方も、

ごくごく、まるで宇宙の法則のように

こう言います。

「現在求職中で、あちこちに履歴書を送っている状態ですが、


私が一番やりたい事って本を読んだり
ゲームをしたり旅行をしたり、って遊ぶ事なんですよね。

でもいくらなんでもそれじゃ家賃も払えないし、

ご飯も食べられないじゃないですか?」

そう

働かないと生きて行けない、と。

お金を稼がないと、喰っていけない、と。

これを「常識」と信じて疑わないから

いまのその状況から抜け出せないのです。

「じゃあ私
にとってありえない事、って何なんだろう? って。
銀行からお金を借りる事? ちょっと違う気がします…。」

うん、違うよ。

でも、書いてもやらんだろうけどねぇ。

「それはないです」って言うだろうねぇ。

答えかいても

信じてもらえないって悲しいけどねぇ。

一応書いておくよ

簡単に奇跡が起こる方法。

やるかやらんかは任せるけどね。

いくよ

現在求職中で、あちこちに履歴書を送っている状態ですが、

これをやめて

私が一番やりたい事って本を読んだり
ゲームをしたり旅行をしたり、って遊ぶ事なんですよね。

これだけして暮らす、ということです。

でもいくらなんでもそれじゃ家賃も払えないし、

ご飯も食べられないじゃないですか?

もうね、「ふーん」です。

「へーーー、そう思ってるんだー」です。

実際今は「やりたくない」事、

貯金を崩して生活しています。

うん、ヤリタクナイコトやってるのねー。

それ、「やりたくないこと」なんだねー。

せっかく「ある」のにねー

「ある」のに感謝しないで

「やりたくないこと」

「いけないこと」

って、「ある」を否定してるんだよねー。

そりゃー

うまくいくはずねーわ、

ということです。

で、そうやって

現状を否定して

将来を心配して

やりたいことがあるのに

やらずに、いまを楽しめない。

気持ちは

わかる

それが

起き根に困る人の特徴で

僕が書いたことが

真逆だから体験したこともないし

だからこそ

理解できないと思う。

だから

理解できる世界に

とどまって「努力」で何とかしようとする。

すると

「この世界」から抜け出せない、

というループにハマる。

それは

僕自身がそうだったから

よーーーくわかる。

「ありえない」ことをすると

「ありえない」現実がやってきます。

「信じられないこと」にチャレンジすると

「信じられない現実」がやってくるのです。

その

「何の確信も持てない」とこに

飛び込めるか。

世の中には

働かずに食っているひとが山ほどいます

世の中には

遊んで暮らしている人が山ほどいます。

世の中には

食うために楽しいことを我慢している人も山ほどいます。

お金のない人の常識に

しがみついてはいけないのです。

さあ、ここで

あなたがどうするか

でも、この方

「仕事ありませんか?」ってメールを出すのを止める事にしました。



というチャレンジのできる人だから

たぶん大丈夫だと思うんだけどね。



僕は楽しみにしています。

念のため

読んでおいてね。

自分のままでの常識を、ぶったおせ。

■心屋に会う

 (一般発売中・東京会場満席・CDご購入いただいた方は握手会あり?)

■認定講師に会う

 (初級を受けてなくても行けます)

(現在は応募者多数のため、Beトレ会員優先)

■心屋のカウンセラーに会う(無料/お気持金制

「参加」すると、一味もふた味も違うんですよ。

※心屋に送られたメッセージは、

  ご本人の承認なく

  勝手に紹介される場合が

  ありますのでご注意を(*’▽’)

■逆に、このブログ記事の紹介などは 許可なく行っていただいて大丈夫です。

 その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです。




 ・

 ・

 ・

  ・現在心屋仁之助によるカウンセリングは休止しています。

  ・こちらの情報からそれぞれの担当にお申し込みください。


 ・

  ・現在、ライヴ会員の募集は満席により中止しています。

  ・次回の募集などはDVD会員にのみご案内していますので

   まずはDVD会員になっておいてください。

  ・会員登録は から(お試しキャンペーン中

■心屋のイベントの情報や今後の更新情報をご希望の方は

  ぜひ  にご登録しておいてくださいませ。

  (ただし、超 !! 不定期配信ですのでご了承ください)

PR

コメントは受け付けていません。