安全は人と大喜利で作るもの

PR

Pocket

大喜利…悪くないですね…フフ…

仁さん、こんにちは。

わたしは二十代後半に差し掛かっているのですが、

生まれてこの方男性とお付き合いしたことがありません。

いつもいつも片想い失恋を繰り返しています。

なぜそうなってしまうのか、

心屋でカウンセリングを受けて発覚しました。

理由は簡単です。


そのほうが私にとって、都合がいいから。


誰かとお付き合いするとなると、

わたしには困る理由があるのです。

つまり、心のブレーキがあるってことです。

①異性と一対一で向き合って深い関係を築くのがこわい。

自分の領域をおかされる気がして、「こっちに来ないで!」と言いたくなる。


②「自分は汚い」という思い込みのせいで、セックスができない。
大きく挙げればこの二つですね。


しかしこの心のブレーキ、かなり手強いんです。
手放すには、かなーーーり時間がかかりそうなんです。。。


この問題を解決しない限り、

わたしは永遠に好きな人から愛されないの?


両思いになれないの?

片想い失恋を繰り返すの?


…気が遠くなりました。


しかしそこで思ったことがあります。

心のブレーキがまだ解決できないまま、

そのブレーキごと愛されちゃってもいいんじゃないの?


ということ。


①の心のブレーキに関して考えました。

異性と一対一で関係を築くのはこわいけど、

それを理解した上で私にそっと寄り添って、

ゆっくりと時間をかけて信頼関係を深めてくれる人に出会えたら大丈夫そう。

多分じゃなくて、絶対大丈夫だなー。

誰かからそんな風に愛されてもいいじゃん!


今までのわたしは

「自分には男性から愛される価値がない」


と思ってたけど、



そこまで大切に愛される価値のある女だって、

自分で信じてもいいじゃん!


そこまで時間と手間をかけてまで手に入れたい女だって、

愛されてもいいじゃん!



それが自分の大好きな人から、

そんな風にして愛されてもいいじゃん!

と、思えて希望が持てました。


だけど、、、、問題は心のブレーキ②でした。

……セックスができないって、どうよ?


男の人ってやっぱり、好きな人とセックスしたいよね?

それを我慢してもらうことは、、、さすがにできないだろう。


これだけは、無理だ。
ということは、セックスができない私は誰とも付き合えない。。。

結局わたしは、心のブレーキを完全に手放すまで

誰ともお付き合いできないのでしょうか?



絶望的です。

——————————-

はい、ありがとうございます。

えーと、

問題は簡単です。

すごく

すごく

簡単です。

結局わたしは、心のブレーキを完全に手放すまで

誰ともお付き合いできないのでしょうか?

んなこたーーー、ねぇです。

全然ないです。

んなこと言ってたら

ブレーキのある人全員が独身です。

これだけは、無理だ。
ということは、セックスができない私は誰とも付き合えない。。。

まぁまぁ、

どんな理由でできないのか聞いてないけど

問題はごくごく簡単です。

答えは

「その、自分がムリ、不可能だ、と思っていることを

 乗り越えたくなる相手が現れる」

です。

だから、

「何とかしようとしなくていい」です。

ひとは、

色んな人に出会いますし、

なんやかんや言いながら

ちゃんと成長しています。

あの人との間でできなかったことが、

次の人との間でできるようになったり

あのひとには怖くて言えなかったのに

なぜか、次の人には言えるようになった、

男性が怖くて近寄れなかったのに

なぜか、この男性だけは大丈夫、

男の人に触られるのが嫌だったのに、

なぜかこの人に触られるのだけは気持ちいいと感じた、

という「なぜか、できる」という相手に

必ず巡り会います。

もしくは

「どうしても駄目なこと」

だったはずなのに

「この人となら、乗り越えられるかも」と

「がんばれる」相手に出会います。

それは、相手にもよるし

自分がいつの間にか変わっていたりもするから。

それが

「出会い」「縁」です。

だから

そのブレーキ、

外そうとしないでいい

その問題

乗り越えよう、解決しようとしなくていいのです。

ちゃんと

用意されているから。

不思議な不思議な

ありがたいありがたい出会いが。

「必ず」用意されています。

「あ、天敵」と思っても

「あ、師匠」と思っても

「結果的に」

「あの人だったから、乗り越えられた」

という

あなたの人生を劇的に前に進ませてくれる、

あなたの知らない世界の扉を開いてくれる、

そんな人に必ず出会います。

ていうか

すでに出会っていることの方が多いんですけどね。

自分は絶対結婚「したくない」「できない」と思っていたのに、

結婚「したい」と、初めて思えた、とか

自分は絶対に弱みは見せられない、心は開けない、

と思っていたのに

「なぜかわからないけど」

この人にだけは心ひらいていいと思えた、とか

わたしは、ダメンズばかり、DV夫ばかり

捕まえてしまうと悩んでいたのに

「なぜかわからないけど」

このひとだけは、そうならなかった、とかね。

世の中はね

知らないことだらけなんですよ。

「まさか」のことだらけなんですよ。

猫アレルギーだったのに、

なぜかこの猫だけは大丈夫だった、とかね。

同じ色してるぜ

■新刊、出ました!

¥1,296
Amazon.co.jp

¥価格不明
Amazon.co.jp

※心屋に送られたメッセージは、

  ご本人の承認なく

  勝手に紹介される場合が

  ありますのでご注意を(*’▽’)

性格リフォーム

心理カウンセラー

心屋でした。






 ・

 ・

 ・

  ・現在心屋仁之助によるカウンセリングは休止しています。

  ・こちらの情報からそれぞれの担当にお申し込みください。


 ・

  ・現在、ライヴ会員の募集は満席により中止しています。

  ・次回の募集などはDVD会員にのみご案内していますので

   まずはDVD会員になっておいてください。

  ・会員登録は から(お試しキャンペーン中

■このブログ記事の紹介などは

 許可なく行っていただいて大丈夫です。

 その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです。


■心屋のイベントの情報や
  今後の更新情報をご希望の方は

  ぜひ  にご登録しておいてくださいませ。

  (ただし、超 !! 不定期配信ですのでご了承ください)

魁! 大喜利塾

昨日はお返事を頂き本当にありがとうございました。
最初に読んだ時、
予想とは違うお答えという感覚で戸惑いました。

あれ、、やっとやりたい事が見つけられるかも!
と嬉しかったけど、なんだか違う。

否定されたような感じがしてしまいました。
でも焦っているのは確かです。
最近苦しすぎて、辛すぎて、
早くその人と離れたいから、
早く大切な事に気付いて
次のステージに行って、自然と離れたい。
もう1年以上経っています。
もういい加減離れたい。
仁さんから頂いたお答えを何度も読み返しています。

できる自分だけが好き

出来ない自分も大事にする
なかなかピンと来ないです。
なぜなら私は、子どもの頃から最近まで、
出来ない人でダメな人だったから。

出来なくて、怒られ、
呆れられ、嫌われ、して生きてきました。
私は自分はダメな人間で、
気持ち悪い人間なんだと思って生きてきました。
でも、仁さんのブログや本と出会って、
それは幼い頃の思い込みだったんだと気づく事が出来ました。

私はダメじゃない。
そうしたら、最近自由になって、
色々な事が出来るようになって、

私はダメじゃないという証拠が集まってきました。

だから、私は、
ずっとダメな人間だったから、

今色々な事が出来て、頑張れている事自体が嬉しいです。

もちろん認められるのも嬉しいです。

出来なくてもいい
喜ばせなくてもいい
出来ない自分でもいい
なかなかピンときません。

子どもの頃から、大人になっても、

出来ないと、やらないと、
怒られたし、
ダメだと言われたし、
嫌われたし、
呆れられた。

出来ない自分でも良いという経験の記憶がありません。

なかなか難しいです。

でも、なんとかして、わかりたい。

だから、出来ない自分でも良いという事を頭に置いてやっていこうと思います。

ありがとうございます。
———————————————–
心屋です。

うんうん
否定したみたいな書き方になっちゃったね、
ごめんね。

こちらも結論急ぎすぎました(笑)

えっとね。

もうちょっと書くね。
「早く大切な事に気付いて
次のステージに行って、自然と離れたい。」

ということで、

次のステージって
「出来るステージ」ではないってことです。

次のステージに行くためには
いままでのステージを「卒業する」ということ。

で、卒業というと「できるようになる」
っていうイメージなんだけど

心の場合はちょっと違ってて
「いまのままでいい」
「今までの自分でよかった」

と、「仲直り」するイメージなのです。
で、具体的には

「子どもの頃から最近まで、
出来ない人でダメな人だったから。

出来なくて、怒られ、
呆れられ、嫌われ、して生きてきました。

私は自分はダメな人間で、
気持ち悪い人間なんだと思って生きてきました。」
この自分と仲直りしようねってこと。

で、第一段階で

「私はダメじゃない。

そうしたら、最近自由になって、
色々な事が出来るようになって、

私はダメじゃないという証拠が集まってきました。」
これ、大正解!!
ここの気づきは
すんんんごくよかった。
「出来る自分」も
結構満喫したやん?

で、次、次はね

「わたしはダメじゃない」
ということで

「ダメだった今までの自分」を
捨てて次に行こうと今してるのです。

だから、今までの自分が
「ちょっと待ってちょっと待っておねーさん」

と、周りで止めにかかって来てくれた。
つまり

「わたしはダメじゃない」

だから

「だめでいい」

ということなのです。
ダメでも、ダメじゃない。

だから
出来る自分にならなくていい。

もちろん、なってもいい(笑)

だから、

いまあなたが、またダメでも、
もう誰もあなたのことは責めないし
怒りも、呆れも、嫌いもしないよってこと。
いま、あなたが、
過去の自分(のようなひと)に

「怒って、呆れて、嫌って、責めて」
で、離れようとしてるでしょ。
えと

キライなものは嫌いで
イヤなものはイヤでしかたないんだけど、

それは、仕方ないんだけど
それを責めないであげて。
「うん、だから、離れようとしているんだってば」

うんうん、基本、それでいいです。
キライなものからは離れていいです。

で、嫌って離れないでね。
仲直りしたうえで
離れることが出来たら
「卒業」「次のステージ」なのです。
嫌う人に嫌う理由はあっても
嫌われる人に理由や罪はないのです。

あなたが子供の頃に
怒られ嫌われたのも
あなたに理由も罪はなかった。
そこに気づけたらいいなーと思いました。

否定されたような記事を
何度も読んでもらえてとてもうれしいです。
自分と仲直りして
楽に行けたらイイネ。
 
              



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

PR

コメントは受け付けていません。