大喜利を扱う通販サイト

PR

Pocket

大喜利にまた脆弱性が発見されました

最近夫はいつもの倍忙しい状況で、

残業もしてくるわ、

家でも仕事してるわの日々が

続いたのです。

私も私でやることがあったりして

ほとんど会話ができない数日間もあり。

それがようやくひと段落した頃、

夫はその数日の疲れが出たのか

うたた寝してる日も増えました。

そんな中で先にベッドで寝てる夫の横に

すっと入ったときに、

ふと昔の私を思い出したのです。

「なんでもっと構ってくれないの?」

「なんであなたは平気そうなの?」

「私のこと、そんなに必要じゃないってこと?」

そんな風に思って、拗ねてた頃の私が

鮮明に思い出されました。

そして前の私なら寂しいとき、

「怒り」として気持ちをぶつけてたなぁと。

だけどこの「怒り」も

ほんとは夫に向けたものじゃなくて

自作自演のコントだったのだと思うと

なんだか笑えました。

だって私、

「夫に必要とされない可哀想な私」

を演じるために

それにふさわしいエピソードを見つけ

それだけを採用して

夫にムカムカしてたからです。

*****************

心屋です。

昨日もリンクしたけど、

独立させてみました。

カタチは違えど

みんな同じです。

お金を使ってみたり

夫を使ってみたり

上司を使ってみたり

病気を使ってみたり

子どもを使ってみたり

しながら

みんな絶妙にコントを

繰り広げています。

と、気づくだけで

これが終わるんですよね。

あ、でも

終わらせたくないよね。

キーワードは

「わかって欲しい」だから

わかってもらえるまでやるし

わかってもらえないまま終われない

さあ

どうする( ゚Д゚)

★かわいそうシリーズ

  •  
  • ]



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会です

2016年5月20日(金)(受付中
2016年6月30日(木)(受付中
2016年7月 1日(金) (受付中

2016年7月 3日(日)(受付中 New!!

うわぁ~、大喜利の宝石箱

昨日からの心屋さんの記事を何度も何度も読み返して。。

息子は明らかな後者でした。

病気になってからの検査で

広汎性発達障害との診断も出ていたのですが。。

でも本人はずっと前者だと思っていた感じの生き方でした。

だから、ムリしてムリして、その結果

大学に入って患った、統合失調症、うつ病、パニック発作の他に

社会不安障害や、強迫性障害、対人恐怖症など。。

次々心の病を併発していっていたようです。

入院中のテストみたいなものも、

親と本人が別々に質問されて回答するものがあったのですが

先生からも

こんなにも親と子で回答が違うことは珍しいですと言われました。。

私から見ると明らかに後者の息子でしたが

息子はきっと前者でいたかったのでしょう。。

前者と思って生きてきた回答だったようです。

もっと早くに自分を認め、自分らしく生きていれば、

きっとあんなにもたくさんの

精神疾患を患うこともなかったのかもしれないと、

改めて思いました。。

勉強はとても良く出来る子だったので、

後者だと認めるのが怖かったのだと思います。

親としてもそういうことに

気づいてやれなかったことが、とても辛いです。
昨日からの前者、後者についての記事は

本当に生きて行くすべての人に重要な事だと思います。

特に息子のように、自分が後者だと思いたくなく、

間違った思い込みで生きてしまうと。。

息子のような悲しい人生を自ら終えてしまう人たちが、

これ以上増えないことを願います。

全国一斉前者、後者テストみたいなのがあれば、

すべての人が自分を正しく知ることが出来るかもしれませんね。。

もっともっと心屋さんのこの思いがすべての人に伝わるといいですね。

私も拡散していきたいと思います。
大切な大切なことを。。

今日もありがとうございます!

*********************************

心屋です。

あ、気づいてあげられなかったことは

「普通」なので自分を責めないでね。

あなたが自分を責めると、

こどもさんが、また自分を責めるからね。

前者後者の話を

「どうぶつ占い的なものだ」とか

「先天性・後天性もあるんだから決められないよ」とか

「どっちでもいいじゃん」

「またその話ですか」

なんて言われます。

ま、興味のない人に

興味を持ってね、とは言えないんですが

これは

統計学的なものでもなく

後天的なものを排除した

「本質」の話です。

「相対的」なものでもない

「絶対的」な分類をしています。

「後天的」なものは

育った環境によって自分を守るために

自分が作り上げた鎧です。

それを「これがわたしだ」と言うのは

どんどん自分から離れていくこと

自分らしくない生き方、です。

自分らしくない生き方をしてると

「そうじゃないよ」というサインがいっぱい来ます。

問題が頻発したり

今回のように病気になって

強制終了したり、とね。

そんな

大切な大切な話です。

「どっちでもいいじゃん」

とは僕はとても言えない。

面白可笑しく書いてますが、ね。

もともとは、うちの奥さんの言ってることがよくわからなくて

調べ始めたことなのですが(笑)

ああ、これは僕に降りてきた、

与えられた大切な仕事なんだなと思うようになりました。

*****************

※前者・後者とは?

****************




■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです
●MONDOU LIVE
 (当日券(立ち見出せるかも)情報をお待ちください
●その他の講演会です

2016/4/17(日)(受付中
2016/4/23(土)(受付中
2016/5/3(火)   (受付中   
2016年4月 8日(金)(受付中
2016年5月20日(金)(受付中
2016年6月30日(木)(受付中
2016年7月 1日(金) (受付中
  

 

 

 

PR

コメントは受け付けていません。