大喜利 無理のない運転で、貴重なエネルギーを大切に

PR

Pocket

大喜利をSHIFTする

少しだけ湿り気と埃の香りが混じった、久しぶりに頬に感じる風の感触。
ガラス越しではない視界に映る、ビルの合間に切り取られた夕焼けの赤から薄く青を内包する紫へと変わりはじめる寸前の空。
蓮に病室へと禁足されていたキョーコの望んでいた、外の空気。
そして……乞うていた筈の、幼馴染みの声。
「ぁんっ……だめよ、ショー。こんなところで……」
形だけの嗜める言葉を吐く、甘く媚びを含んだ誘う女の声。
「だって、ここのナース服の祥子さん今日で最後じゃん?……最後にも一回だけ」
キョーコの聞いたことのない、顰め囁いて強請るショーの声。
微かに空気に混じる煙草の匂い。
「悪い子ね……幼馴染みの女の子はもういいの?東京に一緒に行くつもりだったんでしょう?」
「だから、俺にはキョーコなんて家政婦みたいなもんだって。あんな化粧ひとつしない色気ねーつまんなねー地味女。」
キョーコがショーの為に身を粉にして尽くすのが当たり前だと、そう傲慢に言い放つ幼馴染み。
クスクスと笑う高い女の声。俺の好みは祥子さんみたいなフェロモン系と女を持ち上げてみせる、欲望に下卑たような…………キョーコの王子様の筈だった男の声。
それと、小さく生々しいような衣擦れの音。
指先まで冷たく冷たく、固まって凍り付いたみたいに立ち竦んだキョーコには、あんなに助けを求めていたショーが居るだろう下を覗き込む事さえ出来ない。
バルコニーの近くにある雨樋を伝い容赦なくキョーコの耳に入り込む、乱れた呼吸の音と噛み殺し切れずに溢れる喘ぎ、淫らがましく粟立つ水音と汗の気配。
キョーコが肌で感じ取ってしまったそれは、蓮に無理やりに教え込まれてしまっていた、男と女の交わる空気。
「祥子さんが一緒に東京に行ってくれるんなら、キョーコなんて使えねぇやつ」
ハラハラと、頬を濡らすのが自分の涙だと理解することも出来ないままのキョーコへと
「……いらねぇよ。」
残酷なまでに、はっきりと突き付けられたキョーコを悪し様に厭う否定の言葉。
お母さんも……ショーちゃんにも…………誰にも、必要としてもらえない。
見ていた筈の夢を、確立していた筈の世界の崩壊に呆然と、未だに自覚出来ないで涙に濡れたキョーコの瞳から光が失われてゆく。
男を所有したと満足気に啼く女の嬌声と肌のぶつかる音。それら全てから耳を塞いでしまいたいとそう強く願うのに、キョーコの腕は重く、指先ひとつ動かせないまま…………
ふわりと、キョーコの望みを叶えるように背後から伸ばされた手が黒髪の上からキョーコの耳を塞ぐ。
そのまま、引き寄せるみたいにキョーコの背中を包むキョーコの肌に馴染んだ体温と香り。





「だから……閉じ込めてあげてたのに。」





苦々しく、ぼそりと小さく呟かれた悔恨の色を滲ませた声。
それは大きな手の平の下、くぐもってはいてもキョーコにはそう聞き取れた蓮の低い声だった。


??—-??—-??—-??—-??—-??—-??—-?
_(:3」z)_
なんだろう……書いてる猫木は楽しいんですが……読んでる方は、大丈夫なんすかしらね?
あと2?3話くらいで終われるといいなぁ。←願望
↓拍手のキリ番っぽいのを叩いちゃった方は、なにやらリクエストしていただくと猫木が大喜利的にぽちぽちと何か書くやもしれませぬ。


現代大喜利の最前線

心屋のカウンセリングは

ある程度心の強い人でないと耐えられない

もっと寄り添って

癒す必要のある人もいるし

あんなやりかたじゃ

心の弱い人は耐えられない

「で?」とか「だから?」とか

そんなひどいこと言うのが

カウンセラーだなんて信じられない

って言われることがあります。

なんか

爆笑(*´Д`)

実際に、カウンセリングの現場を

見たんか。

受けたんか。

会ったんか。

 

やってみたんか。

話してみたんか。

心屋が

心屋のカウンセラーのみんなが

どんなことしてるのか

知ってて言ってんのか。

想像でものを言うな

ひとつの記事や

ひとつの例だけ取り上げて言うな

見たことも聞いたこともないのに

想像でモノ言うなや!!!!

って、思うよ。

優しくいっても

グズグズしか言わんひと向けに

たまに厳しめの記事を書いたらこれじゃ。

そもそも

その癖が

想像だけで

一部だけで

印象だけで

それがすべてで

自分はダメで

自分には合わなくて

って、その癖が

自分を苦しめとるんじゃと

早く気づけよ。

心屋のカウンセリング?は

ポジティヴシンキングじゃないんです。

「こう考えましょう」とか

「こう考えると楽になりますよ」

なんていう甘っちょろいもんじゃないんです。

「現実はこうなんだ」

「あなたは素晴らしいんだ」

「あなたは愛されているんだ」

「豊かさはあるんだ」

「ひとは優しいんだ」

という「事実」を「知って」もらうのが

心屋のやり方です。

だから

「考えましょう」じゃないのです。

そう「なろう」としなくていいんです。

「そうなんだから」

自分が豚だと思っている人に

「あなたは、人間なんですよ」

と教えているみたいなもので。

でも

「いえ、私は、豚なんです、だって。。。」

「豚って言われたもん」

「豚扱いされたもん」

いつまでも

四足で歩くことをやめない

柵から出ない

手を使ってご飯を食べない

服着ない

ブヒブヒ言う

そんなひとに寄り添って

「そうか、辛かったね、豚扱いされたんだね」

「豚だってずっと言われてきたんだね」

「豚もかわいいよ」

「豚って美味しいんだよ」

って、

「何年やっとるんじゃーーーーー!!!!!!」

です。

そうやって気持ちのいい人は

そこに行けばいいんじゃ、

よそでやってもいいけど

うちじゃやるなー

ええ加減目を覚ませーーーー!!!!!!!

うちは違うんじゃ。

水ぶっかけて

「おまえは! 人間だ!!!」

「お前は素晴らしいんだ!!!」

「お前は愛されているんだ!!!!」

「他人は少なくとも君よりは優しいんじゃ!!!!」

「現実をよく見ろ!!!!」

「それが真実なんだ!!!」

って言うのが、うちです。

でも、そうするため

いきなり水はかけないのです。

ていうか、そんなやつおらんやろ(あ、かけた?笑

最初は、優しくしますよ、

共感も、同情もしますよ。

でも、いつまでも

そんなことじゃラチがあかんのです。

そんなことうじうじ言ってるやつに

優しい言葉かけたら余計にダメにしていくのです。

そのうじうじを剣で切って

縄で縛ってでも連れていくのが心屋のやり方です。

でも、うちにも

観音様のようなカウンセラーはいっぱいいるのです。

それぞれの役割が違うだけで。

あ、いるいる、こういうひとも(笑)

■新サービス開始



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会です

2016年7月30日(土) (受付中

2016年9月4日(日)(発売中
2016年9月25日(日)(発売中 

2016年10月10日(月祝)(発売中 間もなく売り切れ
2016年10月14日(金)(7月5日発売 

———————————–
↓心屋も出演した、話題の新サービス。
———————————–

PR

コメントは受け付けていません。