大喜利のことならなんでもちゃっかり情報局

PR

Pocket

大喜利は送料無料での購入がお得、お求めやすい価格で取り揃えています。

昨日、家族について彼氏と話す機会があり、

話していました。

私は、実家に住んでいて手伝いもあまりしないし、

お金も入れていません。

携帯や税金等の支払いや食事や洗濯などの自活はしていますが、

親に甘えている部分はあります。

親や妹に家を出ろと言われたけど、

未だに住んでいて、申し訳なく思っています。

その事で、彼氏にいろいろ言われてしまい、

落ち込んでしまいました。

彼は、精神的にも自立する為には

一人暮らしした方がいいと言われてしまいました。

私は、私と一緒に住む考えはないのかと尋ねたら、

その考えでは、何か問題に直面した時に、

私が逃げると言われました。

彼氏が言いたい事も理解出来るんですが、

私も早く家は出たいんですが、

一人暮らしするより彼氏と一緒に住みたいし結婚したいんで、

彼氏は結婚する気ないのかと心配になり、

別れる事を考えた方がいいのかなと思ったりしました。

しかし、そう言われる原因ってなんやろうと考えていたら、

親や彼氏に甘える事が悪いと思っている事や

自分の自信のなさではないかと思ったんです。

この場合も、言われる原因があり仕組みに気付いたら、

解決しようとせずにそのままでいいんでしょうか?

よろしくお願いします。

——————————–

心屋です。

そうよ

親や彼氏に甘える事が悪いと思っている事や

自分の自信のなさではないかと思ったんです。

全然悪いことじゃないよ。

これがダメだって

自分が自分を責めてるから

彼氏もあなたを責めるわけで

あのね

自立 = なんでも一人でできること

なんて、間違っても思わないでね。

世間は、そういう価値観かもしれないけど

あなたは、思わないで。

「独り暮らし」なんて

そんな変な文化、

世界探してもあんまりないからね。

もちろん、ある面では

「しっかり」もするんだろうし

色んな能力も上がるかもしれないけれど

家族と暮らす

こっちの方が

よっぽと自立するよ。

家族と暮らし

家族に甘え

家族と協力し

やがて

「他人」が入り

なじんでいく。

これ以上の

自立はないから。

むしろ、

「そんなこと言う人にとって」は

独り暮らしの方が 楽な逃げだったりもするよ。

私は、実家に住んでいて手伝いもあまりしないし、

お金も入れていません。

こんなことも

まったく恥じる必要もないわけです。

ダメだダメだと思っているから

ますます悪循環しかしない。

いまの

その

自分を

「これでいいんだ」

そう思うこと、

つまり

「自分は、自分のままでいいんだ」

「自分は、この自分でいいんだ」

ということ。

それが

「自分を立てる」=「自立」なんですよ。

一人で生きていくこと

なんて考えないでね。



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会です

2016年5月20日(金)(受付中
2016年6月30日(木)(受付中
2016年7月 1日(金) (受付中

2016年7月 3日(日)(5月7日10:00より発売 New!!

大喜利のなにからなにまでFANの人大集合♪

今月の『少年倶楽部プレミアム』


小山『NEWSとの共演は初めてということで』
井ノ原『ちょうど10人だね』
三宅『合体する?』←かわいい

小山『これに1人いないくらいでしたね
小山『なんか接点てあります?増田が井ノ原さんと?』
井ノ原『一回食事したことあるよね?』

長野『(まっすーと)CM一緒にやってたもんね』

小山さん。。。顔。。。←まっすーのお話つまらないですか??
小山『お米のお店??』
長野『お米の美味しいお店』
増田『ご飯の、お米の食べ比べして。雑誌とかで、色んなお米食べさせてもらって違いわからなかったんですわーって面白おかしく言ったんですよ。そしたら、僕が言ったことが長野くんの耳に入って、おまえあのお店ちょっと悪く言ってたな!?』
長野『そうなっちゃうよね
小山『なんかあります?NEWSの印象って?森田くんどうですか?』
森田『なにがー?』
森田『空港で!』
森田『増田が、ツアーかなんかで、仕事で。俺ゴルフで。(まっすーは)ガッチリ警備されてて、俺はおじさんばっかりで』
V6のエピ、まっすーばっかり
カミセンのあいだではちょこちょこテゴの話題が出るらしい

岡田くんは手越が大好き
岡田くんな好きな手越のポーズ
ファンサはこっそりやる井ノ原くん
手越みたいな人は唯一無二だよ!という三宅くん
三宅『おまえほんとちゃんとしろよ!』

手越にv6から愛のムチが飛ぶ

井ノ原くんはミスター何マン?って問題で

増田『ミスターチルドレンマン』
おかだ『大喜利対決違うて!』
増田『そういうことかなって思ったら、全員まじめだから』
三宅『あの人ほんとリアクションに困るやつだね』
手越『ウケを狙いに行って、マジすべりするんで』
おかだ『増田くん、そういう時期あるって。俺もスベり続けて25年!ていっ!』
急におもむろにポッケに手を入れてスタイリッシュポーズな増田さん


プレミアムショーは

『SUMMER TIME』
『柔らかなままで』←『touch』収録
『one?for the win』
『柔らかなままで』歌い出しがちょっと
まっすーイケボ
『one』もアレンジ変えてきて最高にカッコよかったです

はぁ。。。テゴマス尊い

PR

コメントは受け付けていません。