大喜利でしか味わえない感動がある

PR

Pocket

要は、大喜利がないんでしょ?

「 ★思考が現実化するなら、空も飛べるはず 」についたコメント|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

 
いやいやいやいやいやいやいやいやいや
その前に「稼ぎたい」と「思った」ところから
信じてることが違うわけさ。
 
働かないとお金はもらえない、と信じてるわけさ
動かないとお金は入らない、と信じてるわけさ
 
さらに
痛み(犠牲)を払わないと、欲しいものは手に入らない、と
信じてるわけさ。
 
叶ってるだろう?
 
 
お金なんて降ってくると
「信じてる」ひとは、働かなくてもお金一杯あるわけさ。
 
お金って減らないね、とかね。
減ってもまた増えるー、とかね。
 
 
 
 

?

 
うんうんうんうんんうんうんうんうん
 
そして、その前に
「食ったら太る」と信じてるしね。
 
 
痩せてる人は
食っても食っても太らない。
 
 
 

?

 
うん、カンケーないね。
 
あのな
違うてば。
 
罪悪感ない人は
「ちょっと、どいてよ」
「そこ車停めんなよ」って言うの。
 
んで、その前によ
 
 
その人たちの行動で
なんか「あなた」は「困った?」
 
 
困ってないのだとしたら
困ってもいないのに
他人の言動を裁いてるひとが
 
一番腹黒いわけよ。
 
 
 
 

?

?

 
 
そう、ここに大きなヒントがあるのよ。
 
そう、不思議よね。
 
 
「なんで信じてるか」
 
 
「あなたは、遊子だよ」
って
 
「何度も何度も」
「教えられてきた」
 
これが「信じてる」の正体なわけよね。
 
 
 
ここまで紹介した人たちも
 
「人がそういった」
「親がそういった」
 
 
それを
「信じ」てるわけさ。
 
 
素晴らしいもの
ダメなもの
 
も、同じ。
 
素晴らしいと信じてる
いいことだと信じてる
ダメなことだと信じてる
悪いことだと信じてる
 
 
全部、この「信じてる」で
僕らはできてる。
 
 
 
「望んでるもの」を
引き寄せるんじゃなくて
 
「信じてるもの」を
引き寄せたり、起きた現実を「解釈」するわけさ。
 
 
 
 
 
 
じゃ、どうすればいいかって言うと
 
 
 
そう、つまり
「信じていることをぶっ壊す体験」が必要なのです。
 
「大丈夫!」という体験
「いいんだ」という体験
「そうなんだ」という体験をすれば
 
 
「信じてる」なんて簡単に変わる。
 
 
 
UFOなんてないよって人が
捕まえられて乗せられたら信じるよね(笑)
 
信じることなんて
体験で変わる。
 
お金がないって言ってる人も
お金がなくても大丈夫という体験をすれば変わるわけです。
 
 
でも、いまは
「お金がないと大変なことになる」ということを
「信じている」から
 
 
まだお金が無くなっていないのに
無くなる恐怖に包まれて
 
「大変なことになる」と信じていることを
どんどん現実化させていくわけよ。
 
 
************

?

 
昔聞いた話なんですが。  byれい子

日照りに悩む村人が祈祷師に雨乞いを依頼した。
祈祷師は「必ず願いは叶うと信じろ。すれば叶う」と答えた。

が、一向に雨は降らないので、
祈祷師のもとにかけつけて
 
「信じて待ったが降らないじゃないか」
と苦情を申し立てたところ、祈祷師は答えた。
 
「本当に信じているのなら、なぜあなたたちは傘を持って来なかったのか」
?
 
この話を聞いたときに腑に落ちた思いがしました。
 
絶対に出来ないに決まってる、そうならないに決まってる、と
自分で決めつけていたら、なーんにも出来ないわ、そりゃ、って。

信じてなくて幸運が降ってきたら、そりゃラッキーだったね、て話で。

叶えたいことは本気で信じよう、

なんなら、もう叶いました!的な、過去形で思うくらいでないとね。

仁さんのブログを拝見してて、妄想力って大事かもと思いました(^^;

 
*****************
 
ステキな引用ありがとう(*^▽^*)
 
 
そう、これが
 
「自分は素晴らしいとしたらどうする」
「お金があるとしたら、稼げる人なら、いま、どうする」
「自分が愛されてる人だとしたら」
「何の心配もいらないとしたら」
 
 
というのが
「信じていることの変え方」の一つでもあります。
 
 
 
僕も、ほぼこのやり方で
現実を変えてきたのですから。
 
 
 
変わるよ。
 
 
 
 
「現実」というものは
いま自分が何を思考しているのかを
判断する、知るための、ただのツール
 
です。
 
 
 

?

 

ほんとだねー

もうすぐ

111,111人だ(*^▽^*)

 僕は、「このぐらいがいい」と

 思考していると、いうことですね(*^▽^*)

昨日の夜、出会ったこやつら

 
今日の昼にも、街角で出会った( ゚Д゚)

持ってるやつらだなー

 

だから

 
当たるときは当たるっちゅうこっちゃ(*^▽^*)
 
 
 
で、実際、彼女たちは
当たるように行動したってことだね(*^▽^*)
 
 
 

■新サービス開始

?



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会です

2016年7月30日(土) (受付中

2016年9月4日(日)(発売中
2016年9月25日(日)(発売中 

2016年10月10日(月祝)(発売中 間もなく売り切れ
2016年10月14日(金)(7月5日発売 

?

———————————–
↓心屋も出演した、話題の新サービス。
———————————–

大喜利学概論

こんにちわ(^_^)
心屋さんのblog昔のから読んでます!

もー、わからなくなりました!!
子供が今日は幼稚園行きたくないと言ったので
いいよ~と言いました!

で、おやつも好きな時に食べてるし
好きな時に好きな遊びしてるし

おやつばっかり食べているから
ご飯は残す
行儀は悪い

遊びたいからお風呂もいやと言って入らない
やりたいようにやってます!

今までなら絶対ありえないけど
いろいろ言いたくなるけど
何も言わない様にしました!
だって子供はやりたいようにやってるから!
そこで疑問がうまれたのですが
躾って心屋さん的には何ですか?
ご飯残しても
おしっこを部屋でしても(トイレは1人でできる)
なにしてもいいのですか?
じゃあ親の役目は?

やりたい事だけして
やりたくない事はしなくていんですよね?

子供が部屋でおしっこをした時
わたしはそのままにしておきました!
だって片付けるのめんどくさいからしたくなかった!
これでいいの??
なんかもうわからなくなりました!

子供もやりたいようにやって
わたしもやりたいようにやっている!
のに、、、
イライラする!

心屋さん!おしえてください!
なにか間違ってますか?
ほんとにもうどうしたらいいのかわからないです

———————————————-

心屋です。
なるほどー

確かに、

こーれーはー
困りますよねぇ。。。。

 

さて、
 
「子供もやりたいようにやって
 わたしもやりたいようにやっている!
 のに、、、
 イライラする!」
んと、
お母さんは、

なにを

「やりたいように」やってるんだろ??
おかあさんも好き勝手やってたら
イライラしないわけよ。
ひとは
「やりたいことやれない」
「やりたいことを邪魔される」
「やりたくないことをされ続けられる」

と、イライラするわけよ。
何やりたい?
それ、やってる?
というか、

ひとは、
「思うように」したいわけよ。

だから
子供のことも
「思うように動かせたい」わけよ。
でも、そうならないから
イライラするわけよね。
で、ここで無意識のコントロールで

「ほおっておいたら、自分の望む現実が来るはず」

というこっすい意図で
放置をしようとしてないかい?
 

「心屋の言うとおりにほおっておいたのに
 このこは自分の思うようにならない、イライラ」

になっているわけよね。
で、ね。

心屋の言う「放牧」を

採用してくれたわけですよね。

で、ね。

なんで採用してくれたのかというと

たぶんだけど
「躾けようとしてもうまくいかなかったから」

だと思うわけよ。
で、

躾けようとしても、だめー
放牧して好きなことさせても、だめー

あーもー八方ふさがり。。。ああ・・・ ←たぶん今ここ
じゃないかな、と思うわけよ。
で、その結果いま
になってしまっているのです。
 
 
 
さて
では

どうしようか、
ということですが、
もうただひとこと
「やりたいようにやっていいよ」
それだけなのですわ。
ま、混乱するとは思うし
「やりたいことって、なんだろう」と

また悩みの淵に落ちると思うんだけど、
まず考えてほしいのは

いま、その状態で
家の中で困っているのは

だれですか、ということ。
そして、
「困っていない人の意見」を

聞いてみてね、
ということかな。
その視点が必要なとき。
子供がご飯を食べるのが遅くて、
フルーツやお菓子なら食べるのに、
上の子はちゃんと食べるのに、
なんて怒ってるひとも
おなじね。 
「このままだと、どんな大変なことになる、と勝手に想像してる?」
それ、妄想だから。
「世間のいう理想」に
合わそうとしたらあかんよ。 
 



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです
 

PR

コメントは受け付けていません。