大喜利でゆったり気分

PR

Pocket

大喜利 安値世界一への挑戦

心屋です

さてさて

「かわいそうシリーズ」

たくさんの

「妖怪わたしがかわいそう」

が出てきました。

そこに気づいて抜け出す人たちのメッセージです。

***********************

わたし、思いっきりかわいそうな自分を演じてきて、

かれこれ約20年。。

前の旦那には、酒乱で暴力を振るわれ。。
理不尽な思いをし。。

で、離婚。

その後、約12年前に再婚した今の旦那とも

去年末から別居中なのです。

昨年、私が癌になり治療を受けました。

その、一番大変な時期、一番助けてほしい、
一番一緒に居てほしい時期、一番大事にしてほしい。。

そんな時に見放されました(笑)

でも、なんだか
それが自分の進む道とでも言うかんじで、

当たり前のように、

かわいそうな自分を受け入れてしまっていました。。

で、今、別居してるのは
私にとっては実はしたかったことであり、

子供もおいて
親の元に戻ってきてるという、

世間からしたらあり得ない状況かもしれませんが、

ある意味安心して生活ができています。

でも、いろいろ考えると
腹が立ったり、泣きたくなったり、

なんて可哀想な自分・・・?となるわけです。

で、
今日のブログをよんで全く同感でした。。

「暴力を振るう悪い旦那」に

ひどい仕打ちをうける「可哀想なわたし」

「癌になっても見放す最低な旦那」に

ひどい仕打ちをうける「可哀想なわたし」

どれも、なんだか
ドラマの世界を体験してるような。。

こんな経験なかなかないで~?みたいな(笑)

全部、自分が体験したくてしたな?

言ってみれば、癌治療の体験もそう!

わたし、ぜったい3大医療は受けません!
自然療法で治してみせます!ヒーリングでどないかします!
って。(笑)

って拒否って、挙句の果てに

リンパ転移までいってしまいました(笑)

そこでやっと降参して、

手術も放射線も抗がん剤もやってのけました!

あほです(笑)

どれだけドMなのか~~??です(笑)

したくてしたんです!

だから、
もう、

卒業します!

可哀想な自分。

ひどい目に遭いながら頑張る自分!
みじめな自分!
どんだけ頑張るねん!?な自分

もう、頑張りすぎて疲れました(笑)

もう、甘い蜜を吸う人生を送りたいです(*^-^*)

********************************

心 さん 05月09日 21:41

気付いちゃいました!

あたしは悩みを作り続けることで
自分ってかわいそ。を確認してたみたい。

悩み=被害妄想やね(笑)

自分は愛されてないの証拠さがしが
悩むことだったんだ。

ぢんブロ見て共感して、解決してを繰り返してたけど、

あたしは不幸だったんだを確認するためだったんだ。

だから分かるわ~が沢山あったわけね。
んで自分と重ねてかわいそ。って。

不幸自慢してたわけさ。

馬鹿よね~(笑)
被害妄想こわい(笑)

早く認めてしまえば良かった。

あたしは愛されてるし
幸せだし
お金持ちだし
綺麗だし
健康だし。を。

あたしは不幸じゃないと愛されないって勘違いしてたみたい。

かわいそうな人じゃないと愛されないって。

馬鹿じゃないと可愛いと思われないとか←

現に全く不幸でもなく
かわいそうでもないあたしは、愛されてる(笑)

そっか。

あたし幸せだから愛されてるんだ。

なんだよ~。

なんでもかんでも他人の悩みと重ねて自分を不幸だと思ってたあたしは
痛い勘違いヤローだったみたいです。

ありのままでも愛される。

物分かり悪いふりも、馬鹿なふりも、

かわいそうなふりも、傷ついてるふりも、

全部愛されてないから愛してほしい。

愛されてるためだったんだと。

パニック障害もそう。

かわいそうとかおかしいって思われたかったのかも。

んで会社やめて

自分かわいそうをまたしでかすとこでした(笑)

あたしやっぱり愛されてないんだ~の確認をするために

あたしは、相当な自作自演のコントしてたみたいです(笑)

問題を作って、自分を傷つけて、注目を浴びる。

心配される、愛されてるなんて、ただのアホやんなって。

そんなの愛されてると違うのに。

心配されること=愛されてるだと勘違いしてた。
あたしが幸せであることが愛されてるなんだ。

勝手に幸せになって、あたしがどんどんハート勝手に撒いちゃう!(笑)

*******************************

■「かわいそう」シリーズ

■新サービス開始

 さあ!生まれ変わろう!



■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会です

2016年5月20日(金)(キャンセル受付中
2016年6月30日(木)(受付中
2016年7月 1日(金) (受付中

2016年7月 3日(日)(受付中 New!!

大喜利 この夏が、あの夏になりますように。

せっかく自分が

「ふと思った」
「根拠なく思った」
「やりたい」

と思ったこと(直感)を

「損得」や「正誤」「遠慮」で
ゆがめたらあかん。

その瞬間に
「自分らしく生きる」を
放棄したことになるのだから。
逃げたことになるのだから。

自分らしく
自分勝手に
好きなことをして生きても

「ばち(罰)」は当たらないけど、

それは全くの逆で、

ばち(問題)が当たる時というのは、

「ふと」「根拠なく」「なんとなく」を
「正誤」と「損得」「遠慮」でゆがめたとき。

それは「罪」という「ばち」ではなく

「そっちじゃないよ」という出来事、
「アラーム(警告)」ということですね。

ましてや「正誤」「損得」のために

「なんとかしよう」としたり
「ごり押し」したり
「がんばったり」したら

どこまでも、ばち は続く。

「そっちじゃないよアラーム」が鳴り続ける。

でも、多くの人は、

そのアラーム(問題や病気とか)を無視したり

読み間違えて

「さらにがんばろう」

「さらになんとかしよう」として

ブレーカーが落ちる

(事故や事件、大きな病気)まで

やってしまうのです。

ブレーカーが
最後のアラームであり

「強制終了」なのです。

それ以上ひどくならないタメの

「安全装置」 

せっかく自分が

「ふと思った」
「根拠なく思った」
「やりたいと思った」

ことを

もっと大事にしよう。

「ふと」は

あなたが自分らしく生きるための
神様からのインスピレーション。

たとえ間違っていても
たとえ批難されても
たとえ損しようとも

それが
自分らしく生きる勇気。

そして、覚悟なのです。。。

 
で、
 
「悪い予感」は
「直感」ではないのです。 
 
 
2013年の記事ですが、
こちらもぜひ読んでみてください。
↓↓↓↓↓↓↓
 
 

■新サービス開始

  ・

  ・

  ・

  ・毎月DVDが届くDVD会員と、

   毎月勉強会に参加するLIVE会員があります

  ・東京のLIVE会員のみ満席です。

  ・DVD会員と、京都のLIVE会員はお申込みいただけます


■心屋に頂いたメッセージやコメントは、記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

●講演会情報

2016年9月4日(日)(完売
2016年9月25日(日)(完売 

2016年10月10日(月祝)(完売
2016年10月14日(金)(7月5日発売 

●ライヴ情報

2016年8月31日(水) 完売

2016年10月24日(月) 

2017年2月8日(水) (未発売

?

 
———————————–
↓心屋も出演した、話題の新サービス。
———————————–
 
 
 
 
 
 

PR

コメントは受け付けていません。