おいしい大喜利生活。

PR

Pocket

胴上げして、全員骨折。「大喜利に相談だ。」

いろんなブログ読んでちょっと腹たったのでメールしました。

「好きなことして生きてくのは別にいいんですけど、

お金なくなったから貰いにいったらくれました。
愛されてると思いました。」


はぁー!?って感じです。

病気したりとか本当にお金に困ってるなら仕方ないけ

ど遊んでなくなったから貰いにいきました。


そしたらくれましたって人として最低。


私達夫婦はある人にお金を80万貸しました。


その人は家族に内緒で金融会社にずっとお金を借りてたらしいんですが、

返せなくなって旦那に頭を下げにきました。


私はお金の貸し借りはしない方がいいと思いましたが

涙を流して土下座をする姿をみたらね…信じて貸してあげようと旦那はいいました。


5年を期限に貸しました。

しかしその人から1円も返ってきません。
返してともいいましたがのらりくらりです。


その人は月収50万はあります。

Facebookみても飲みにいった、パチンコで勝った等。


それだったら返してと思います。
言うんですが今はないといいます。

貸したときは愛はありました。

信じてましたから。



でも今はありません。

裏切られるって辛いですよ。

だから好きなことの意味をはき違えないでほしい。


私も好きなことして生きてます。


ただ世の中には好きの意味、愛情の意味、

人の優しさの意味をはき違えてる人もいます。


貸した方が悪いのかもしれませんが信用してたんです。

————————————

おーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・

それはつらいのぅ。。

悔しいのぅ。。。

で、たぶんだけどの、

貸したことでコチラが

生活に困ることもないと思うんじゃ。

で、こういう時は、

もう「お金」とか「借金」とかの問題ではないよな。

そのお金が返ってきたからと言って

それで何をするわけでもなくて

もう、「キモチ」の問題で、

それは

「信じていたのに裏切られた」という問題や

「正直者は馬鹿を見る」という問題や

「優しくしたのに、バカにされたように感じる」という問題や

そして

「ただ世の中には好きの意味、愛情の意味、

人の優しさの意味をはき違えてる人もいます。」

これが「自分だけの意味」であるということを

自分だけの価値観であるということを

そして「わたしの大切にしているものを踏みにじられた」

という問題であるということを、

いま、知るチャンスが来ているだけなのです。

ちょっと待ってね、

怒らないで。

どっちがいい、とか

どっちが正しい、とか

どっちが間違っている、とか

人として、常識として

という話になると思うんですが

その話はここではやめましょう。

それは

「絶対に交わらないから」です。

僕には僕の正しさ

あなたにはあなたの正しさ

そして、人の数だけ正しさがある。

逆に言うと

「その“正しい”という概念が問題を作り出す」

ということなんじゃー。。。。。

そして

「その概念があるとしんどいねー」ということ

そして

「その概念が自分を制限する」ということ

「常識の範囲内」という自由であること、

そして

「正しさは人を裁く」ということ

そして

「裁いている限り悪人はそこに居続ける」ということ

心の中の

「正しさ」

「間違い」

ゼロにはならないしよ。

僕にもたくさんある。

それを

一つでも

減らしていくことが

「自由」になるということ、

「制限」を外していくということ。

ここで、ちょっと訊いてみたいのが

「旦那さんは、今回のことを問題視していますか」

ということも、

ひとつのヒントになると思います。

そして

この方の、子供の頃からの

「信じていたのに裏切られた」という

「怒りの火種」が、いま再燃しているということも、ね。

これに気づいた瞬間に

お金なんて瞬間に戻ってきますよ。

そして、もうひとつ

「信じてしまった自分に怒っている」ということもね。

————————————

仁さん。こんばんは。

この間、バツイチで、無職で、ガスも止まりそう。

健保も払えん。


本当にどうにかなるんやか?と、思いつつ、動けん。

動きたくない。不安だらけです。



って、メールを送ったのですが。


いよいよ、明日はそのXdayで。


親とは仲が悪いし、どうしよう。

元の旦那に無心する?と、


書いたメールを破棄しては、

今日は何度も悶々していたのです。

で、ひたすら仁さんのblogを読んで。

何してるんやか?アホかいな私と思ってました。



仕方なくなり、子供にウソつかせてですね。


"模試代足りない"と、電話してと、

実家に電話させたんです。

するとですね。



断絶中の父が急になにも言わんと、


"今週中に50万やる。"と、いってたらしいのです。


ええ!模試代(と、いいつつ,健保代1万5千を無心したのに?)

が、何もいわず、50万に化けた?

もうきつねにつままれたようで、私、泣きまくりました。

と、いう報告でした(^-^;

————————————

スネが撮れるといいのぉ(*^▽^*)

■心屋のCDを購入する

 

 ※今週半ばにはAmazonでも、再販売できる予定ですので、

   高値のモノには手を出さないほうがいいですよー。

■心屋に会う

 (一般発売中・東京会場満席・CDご購入いただいた方は握手会あり?)

■認定講師に会う

 (初級を受けてなくても行けます)

(現在は応募者多数のため、Beトレ会員優先)

■心屋のカウンセラーに会う(無料/お気持金制

「参加」すると、一味もふた味も違うんですよ。

※心屋に送られたメッセージは、

  ご本人の承認なく

  勝手に紹介される場合が

  ありますのでご注意を(*’▽’)

■逆に、このブログ記事の紹介などは 許可なく行っていただいて大丈夫です。

 その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです。




 ・

 ・

 ・

  ・現在心屋仁之助によるカウンセリングは休止しています。

  ・こちらの情報からそれぞれの担当にお申し込みください。


 ・

  ・現在、ライヴ会員の募集は満席により中止しています。

  ・次回の募集などはDVD会員にのみご案内していますので

   まずはDVD会員になっておいてください。

  ・会員登録は から(お試しキャンペーン中

■心屋のイベントの情報や今後の更新情報をご希望の方は

  ぜひ  にご登録しておいてくださいませ。

  (ただし、超 !! 不定期配信ですのでご了承ください)

大喜利 企業を結ぶ、コラボネット

いつもためになるブログをありがとうございます。
質問がありまして、初めてコメントさせて頂きました。
どうぞ宜しくお願いします。

私も、頑張らないように葛藤していますが、
尊敬する上司も、寝ないで頑張っている人なので、
少しでも役に立ちたくて、頑張る事をやめられずにいます。
ですので、とても胸を打つブログでした。
でも、ふと疑問に思いました。

例えば、会社に、
200%で頑張る人。
120%で頑張る人。
80%で頑張る人。
適当で60%の人、がいた場合、
もし、60%の人が、心屋さんのブログを読んで、
頑張らなくていいんだ~、と思って、
40%で仕事をするようになってしまったら、
ふざけんなよ、って感じでさすがにフォローをしきれない。

もし、社員全員が頑張ることをやめ、
誰かに助けてもらおうと思ったら、
仕事は、たらい回しにされ、立ちいかなくなるだろうし。

で、私が思ったのは、
200%と120%の人は、
全員が80%になるように、
60%と80%の人に助けてもらいながら
上手に振り分ければ、理想的。
200%の人は頑張らなくていいけれど、
60%の人には、出来れば現状維持でお願いしたい、
むしろ、ちょっとでもいいから頑張って欲しい。

でも、これでは心屋さんが仰る事とは違う気がします。

そこで質問なのですが、
【200%で頑張る人は、当然頑張らなくていい。
 でも、60%はどうなのか。
 更に頑張らなくていいものでしょうか。 
 頑張らなくても良い匙加減とは、人によって違うのか、
 はたまた全く同じなのか知りたいです。】

変な質問で申し訳ありませんが、
もし機会がありましたら、どうか宜しくお願いします。

—————————————–
心屋です。
なんていうのかな

この手の質問は必ず来ます。
みんなが好き勝手やったら大変なことになります
みんながゲスくなったら、大変なことになると思うんです
がんばらないひとが、がんばらなくなったら大変なことになると思うんです

ここの第二部のパネルディスカッションでも訊かれました。
って、

でね、
「みたんかい」

「そうなったところ見たんかい」
「なってもないことを心配すんな」
です。
答えは。

そして

「人間を、ナメんな」
「自分も含めて、ひとの素晴らしさをナメすぎやろ」

と言いたいです。

そんなこと心配してるヒマがあったら
他人のこと心配してるヒマがあったら

自分の人生をもっと楽しむことに
すべての力を使ってほしいのです。
それをする勇気がないから
「頑張らなかったら大変になる理論」を
持ち出してくるのです。

もう
やめれ、それ。

頼むから。
ひとの期待に応えようとすんな
ひとを喜ばせようとすんな

期待を裏切るのを怖がるな
罪悪感捨てろ。
それによって
自分を保とうとするの、やめようや。
四の五の言わず
「がんばらない」やってみろってば。
やってみないとわからんことだらけなんじゃ。

やってみないと
自分の素晴らしさも
世間の優しさも一生わからんで。
「もし、社員全員が頑張ることをやめ、
誰かに助けてもらおうと思ったら、」

素晴らしいことになるんじゃって!!

ほんま
たのむ。
たのむでしかし
食べるでお菓子
 




■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです

PR

コメントは受け付けていません。