大喜利商品をネットでチェック

PR

Pocket

シンプルでセンスの良い大喜利一覧

おはようございます。主催であるうっしー君の強い要望を受け、今回の冒頭大喜利は無しということになりました。

楽しみにしてくださっていたファンの方々には大変残念な思いをさせてしまいますが、今日は僕の真面目な一面を心ゆくまで堪能していただければと思います。
というわけで!
今回の記事は!!
非公認開催の告知となります!!!
その名も神戸非公認 暁杯!!!!
日程は10/22(日)で定員は80名。
場所は兵庫県中央労働センター
〒650-0001
兵庫県神戸市中央区下山手通6丁目3-28
になります。最寄り駅は
阪急花隈駅
阪神元町駅
神戸市営地下鉄 県庁前駅
です!
駐車場はありますが混み合う可能性もありますので公共交通機関をご利用されるのがよいかと思います。
2本先取制スイスドロー6回戦の予選ののち、予選通過者16人で2本先取制トーナメント4回戦の決勝を行います。
試合時間は予選決勝ともに35分+EXターン5分の、合計40分。EXターンに突入したターンを0と数えて2ターン目が終わるまでプレイを続け、ゲームが終わらなかった場合は公式ルールに従って勝敗を決定します。
本戦参加費は1000円、サイドトーナメント参加費がなんと無料となりまして!
1000円で一日バトスピを楽しめるイベントとなっております!
優勝者に新弾を6box、準優勝者には2boxを贈呈させていただき、サイドイベントの賞品も弾ませてもらいます!
9:50集合完了
10:00~10:40
10:50~11:30
11:40~12:20
12:30~13:10
昼休憩30分
13:40~14:20
14:30~15:10
決勝
15:30~16:10
16:20~17:00
17:10~17:50
18:00~18:40
こちらが当日のタイムテーブルとなります。9:50集合完了となりますので、やむを得ず遅れる場合はTwitter運営アカウント@kobehikoninまで連絡をよろしくお願いします。
入場された時間に合わせて、それまでの予選ゲームを不戦敗とさせていただき出場となります。また、それにより人数が奇数となった場合はオポネントの関係により不戦勝になることをご了承ください。
参加予約はこちらの記事のコメント欄に名前とお住まいの県をご記入ください。
例:
うっしー 兵庫
ゆーなま 兵庫 
参加予約お願いします。
僕@tarzania_unamaやうっしー君@tomo200yのTwitterアカウント、また運営のTwitterアカウント@kobehikouninへのリプライでも参加予約を受け付けています!
定員オーバーしてからでもキャンセル待ちで予約できますのでどしどしどうぞ!(>_<)

人気の大喜利情報♪ん~、満足~♪

ちなみに私はド後者ですが、

別に頭真っ白にはならないですよ(^^;
後で追記されてたシャットダウンもあんまピンとこない。
(2は思いっきり○。
気を抜いてると、関心が何かに向いた瞬間に色んな事が意識から吹っ飛ぶ)
なる人は、本当に頭真っ白になるらしいですね。

完全に何も考えられなくなるとか、音が聞こえなくなるとか。
相手が意識の外にフェイドアウトするとか。
でもねですね、これ、
私も最初「えーそうかなあ」?って引っかかったんですが(^^;
これは文字通りの話じゃないんですよ。
仁さんの後続の記事や
他の方の記事でも色々補足にありましたが、
”頭が真っ白になる”とか、
”シャットダウンしちゃう”かどうかってのは
例えば、
「相手の話がいつのまにか聞いてられなくなる、スルーしちゃう」
「勝手に意識から飛んじゃう」
「現実との接続をコントロールできなくなっちゃう」
「脳が停止する」
「  」←こうなる
っていう反応のカテゴリーの例の一つであって、
全体が見えてる人にとっては、全部同じ(親戚/カテゴリー/グループ)とみなせる話なんです。

全文 

**********************

あああああああ (;´Д`)

また未知の世界をのぞいてしまった。。。。

もう「ならない」前者が

それを言葉で表現するの難しい(;´Д`)

別件で、これも驚いた

***********

後者は、

私、という中心から世界を見て、世界の全てに対応してるので、
このすべての中心である私にしっくりくるかどうか。
その説明が自分の内側のギアとちゃんと噛み合うかどうか

ってところがまず大事なので、違和感が見過ごせないのです。
噛みあわないまま車が動かせないのです。

(カウンセリングで、微妙な言い方の差に意味があったりするのと一緒)
言ってみれば
この自己感覚へのこだわりこそが後者ともいえます。

(度合いは強い人と弱い人といますよ^^)

****************

前者は「ことばあそび」が出来ます。

「類似」のもの「連想」でつないで行けます。

でも、この後者の

「自己感覚へのこだわり」が

「類似」「連想」がつながらない理由か、、、

ああ・・・(;´Д`)

んで、これも面白いわ。

そう、もうね

「意識的にできるか、しらないうちに「なってしまう」か」

というところが、大きな特徴だと思うのです。

まだまだ奥が深そうです。

また意識どこかに行っちゃったよ、このひと




■心屋に頂いたメッセージやコメントを記事や著書で許可なく紹介させていただくことがあります
■心屋の記事はリンクフリーです
●MONDOU LIVE
 (残席わずかとなりました
●その他の講演会です

2016/4/17(日)(受付中
2016/4/23(土)(受付中
2016/5/3(火)   (受付中   
2016年4月 8日(金)(受付中
2016年5月20日(金)(受付中
2016年6月30日(木)(受付中
2016年7月 1日(金) (受付中
  

PR

コメントは受け付けていません。