めっちゃスタイルを便利に使うためのツール/サイト/情報のまとめ

PR

Pocket

きちんと学びたいビジネスマンのためのめっちゃスタイル入門

退団後、演劇・ミュージカルとは別に音楽活動するOGも多いですよね。歌を武器にしていた人もそうでない人もライブしてみたり…。最近は舞台復帰第1弾をコンサートやディナーショーにする人も多いような。
これまで、かつての贔屓・一路真輝さんのライブは結構行ったかな。育休明け復帰の時は必死の思いでチケット取って…。その前にはチケット取りながら仕事でどうしても行けなかったこともあって。当時の勤務場所が会場の真ん前だったんですよ!!なのに「この道一本、横断歩道一つを越えられないのか…。クーーーッ」とショックでした…www。その公演はビデオだったかDVDを購入しました…。
あとは麻路さきさんのライブも行ったことが。ご本人と親しい方にお声がけいただいてチケットお願いしたらセンター最前wwww。これにはビックリ!!!マリコさん(麻路)、MCになると、結構自分の方を見てしゃべってくるというか同意を求めてくる感じでちょっとドキドキしたけど、なにせあの温かいホワーンとしたオーラなので、ヘンな緊張は強いられず。「さすがの包容力だよな…」と感心しながら一生懸命相づち打ちながら話を聞きましたwww。開演前は「ずっと歌い続けるのだろうか…」と思ったらwww、結構ピアノ弾いてる時間が長かったかな。セルフプロデュース、よく分かってらっしゃるwww!!
このときはすぐ近くに相手役だった白城あやかさんがいて…。エントランスでめっちゃスタイルよい人がいるな、と思ったら彼女で、席も近かったという…。主婦業中心のようですが、かなりの長身かつ変わらぬ美貌で、すさまじいオーラだった…。
去年、花總まりさんの「25周年記念ライブ」に行ったのは記事にしました。
で、これから行ってみたいコンサート、あらわる!!
それは昨年退団した星組前娘1・妃海風のコンサート!!
現役時代、彼女のお茶会って、気合いの入り方というか、サービス精神のすごさでかなり知られてましたよね???最近の生徒はそうでもないんだろうけど、お茶会って、昔からかなり塩対応の人もいて、質問コーナーで、今何をしたいか問われ「今すぐ帰りたい」と答えたトップがいたとかいないとか…www。
そこへいくと、風はその真逆を行き、あれもこれも詰め込んでやり過ぎ感もあるお茶会、と聞いてましたwww。
そんなこともあって彼女のサービス精神に触れてみたくては、どうしても見てみたいのですが、10月ってどうしても行けなくて…。
かなり残念…。
ポチッとしていただけたらうれしいです!


愛は地球を救う?めっちゃスタイルはあなたを救うよ♪

まずは、はっしー!
よく頑張った
この日の夜「えびちゃんずー」であなたが。
あ、超一流を学ぶ回でした、テレビ大阪では。
はい、あなたが「いっぱいいっぱい」てゆーてたけれども。
うん、愛之助さんに高岡早紀ちゃんに佐藤仁美さん…
もまれてたね
よく頑張った
あのねぇ。
うちら、ド失礼にも。
これは、幕間休憩中の会話です。
「おおおおおー!」
「今日はっしー、シュッとして見えん?」
「今日はっしー、めっちゃスタイルよく見えん?」
「今日はっしー、顔ちっちゃく見えん??」
「なぜだー????」
どこ、感動してるねん(笑)
だって、そう思ってんもーん←開き直るなよ
「分かった!上げ底ブーツのおかげかー??」
「いや、なによりもまず。愛之助さんやろー」
「ラブリンありがとう!」
「ラブリンありがとう!」
こらっ。
なにゆーとんねん。
いや、あのう。
愛之助さんに心からの感謝を…
ちゃうねん、はっしー!
愛之助さんはね。
舞台人として、とてつもなく大きな武器を持ってはるねん、分かるー?
3階の一番後ろの席からでも双眼鏡なしでハッキリ分かるその表情。
これはね、
もこみちくんではあかんのよ、8頭身とか9頭身の人では
飛んでも跳ねてもかなわない、
物理的に圧倒的に大きな武器なの!
神さまが与えてくだすった、
死ぬほど大きな天賦の才。
顔の大きさ。
顔の表面積のひろさ。
これは、舞台やってく上で、どれだけ羨ましがられる、恵まれたものか。
まだまだ若いあなたには、
顔の表面積ってとっても気になるところみたいやけど。
あなたまた最近、事務所から止められてるはずの減量、必死で頑張ってない?
顔の表面積小さくするために
あかんて、あかんて!
あんた、とりあえず10月のえび座までに元のあなたに戻ってね、
せっかくやのにもったいなーい!!
多分やけど、パンパンに張りがあるお顔でも。
愛之助さんと並ぶと、
「はっしー、顔、ちっちゃ!」になってたはずよん
てな感じで。
ありがとう、ラブリン!
ありがとう、ラブリン!
いつか、愛之助さんファンに刺されるわ
褒めてるんやけどなあ
さて、肝心の芝居ですね。
途中であなたが跳ねたとこ、めっちゃかわいかったですわ
なんか、あんな堂々と。
愛之助さんとやりあえるなんて、
頑張ってるね、はっしー!
間の詰め方とか、めっちゃ上手くなった気がします
願わくば、キャッキャゆーてるところも
もっとはっきり喋れるようになったら、聞き取れるようになったら、なおよろし
動きに必然性を持たせるて。
それをさりげなくやるて。
実はとっても、難しいこと。
ちょっと移動するにも、必然性のない場所の移動やと、こちらには。
観客には、え、今なんで動いた?て違和感を与えるもの。
何気?に上手くなったんやない??
しんどいかしれんけど、はっしー!
この作品終わったら、きっと舞台人としてまたレベル上がるよ!
頑張れ

はい、ダメですね。

誰のせいでもありません。
どうしても、以前、見ちゃったから。
長野くん・田中健さんバージョンとついつい比べてしまう…、
あのね、福田雄一さんが演出やってんね、
そこも知らずに行ったからちょっとビックリしてんけれども。
わしはね。
田中健さんのお芝居にそのとき、あまりハマらなくて?
長野くんしか印象残ってないんだけれど。
確実に長野くんの、
それまでアイドルとしての陽の部分しか見れてなかったうちらに。
4トンハンマーで殴られたくらいの衝撃を与えてくれた作品「デストラップ」
あれ以来うちら、長野くんは腹黒い人やらせたらピカイチ、になってもーたくらい。
て、それはそれでどーなのよ
そういった衝撃は今回正直、なかった。
前回はゲイカップルやてゆーことを前面に出しまくりのドロドロ愛憎劇やったし
だからこそのエロさや長野くんの心の葛藤が見えやすくて
うちらの長野くん像が根本から変わるほどの衝撃的作品やった。
福田監督は、あえてそれを、混ぜ込まなかった理由があったはずやねんけれど、
うちらの中で、前回の衝撃を、どこかで望んでたようで、
そこはちょっと物足りなかったのが残念でした。
もし、あえて混ぜ込まなかった理由が、
考えたくはないけれど、
もし。
ジャニ側からの要望なら。
はっしーの成長の邪魔するなよ
とえびファンとして文句言いますけれども。
福田監督ー、あえて混ぜ込まなかった理由はなんなの?
それとも、そもそもの台本に、そんなエロさはなかったりするのかな?
なら、ま、いいか
今回、なんか。
不必要なくらい…モゴモゴ!!
必要以上に…あれ?
何回も。
いろんな方に。
爽やか爽やかゆーてもーて、よかったね、はっしー
いや、はい。
爽やかくんですけれども、なにか??

PR

コメントは受け付けていません。